ライフスタイル

【ボーカリスト琴音の音楽旅】春がやって来た! 砂町銀座で食い倒れ美味しいもの巡りの旅 – トラベル Watch

江東区の砂町銀座に行ってきました

 3月も半ばを過ぎ、冬の寒さはどこへやら? 一気に暖かくなって人出も増えたような気がします。私も冬の間はあまり出歩かずにいたのですが、久しぶりに愛車のロードバイクでお出かけしたい気分になりました。

 というわけで、以前から気になっていた砂町銀座商店街に美味しいものを探しの旅に出てみることに。ロードバイクで往復約30km、少しくらい食べ過ぎても罪悪感を減らすための自転車移動です。

 砂町銀座商店街へのアクセスは公共交通機関だと、東京メトロ東西線東陽町駅からか、都営新宿線西大島駅から都営バス07、北砂2丁目で下車すぐになります。

試食もできる手作り味噌店「佐野みそ砂町銀座店」でお買い物

 最近、味噌を手作りをしている友人の話を聞いて、手作り味噌に興味津々だったワタクシ。そんなときに「佐野みそ砂町銀座店」の前を通って、入らないわけがないですよね。

 店内に入ると、たくさんの味噌樽に色んな種類の味噌たちが。味の説明も詳細に書かれていて、読んでいるとお店の方が試食もできる、と声を掛けてくださいました。

 お味噌って、一度買ってイマイチ口に合わなかったときに使い切るのが大変なので、試食できるのはうれしいですよね。私は塩気がありつつも、少し甘味のある味噌が好きなのでまずは長崎麦味噌「麦の波」を500g買うことにしました。

 そして、おススメされた人気No. 1の「金亀子(こがね)赤みそ」を試食したら、きゅうりなどの野菜に付けて食べても美味しそうだったので、こちらは250g購入。

 お味噌は日本が誇るスーパーフード。気軽に手作り味噌を購入できるお店に出会えてうれしいです。こちらは亀戸に本店がありネット販売もしているので、日本全国の方にオススメです。

佐野みそ砂町銀座店

お味噌以外の発酵食品も充実

なんとも言えない味噌の香りが最高です

ポテト焼きそばとかき氷、初めての組み合わせに胃袋大満足

 味噌の買い物をして、串物を食べてお腹は落ち着いたけど、ちゃんと食事もしたいな~と思っていたら「ポテト入り焼きそば」「かき氷」の文字が目に飛び込んできました。この日はとても暑い日で、私は大のかき氷好きということで「GOFUKU」に迷わず入店。

 小さい店内ですが、カウンターは広々と席を取っていて窮屈な感じはしません。初めてだったので、焼きそばと小さいかき氷が付いてくる数量限定のセットで、焼きそばは豚肉トッピング、かき氷は黒蜜みるくで注文しました。

 ポテト入り焼きそば、とはどんなもんや?と思っていたら、かわいいポテトフライの串と、小さめにカットされたじゃがいも入りの焼きそばでした。スパイシーなソースの香りが食欲をそそります。

 トッピングの豚肉もカリカリで、ソフトな麺とフワッとしたじゃがいもの食感の対比がおもしろい。ひとしきり焼きそばを堪能して、かき氷さまの登場です。温かいポットのお茶がセルフサービスなのが、冷え性だけどかき氷を食べたい私にはうれしい限り。

 みるく味の氷はフワッとしつつもシャリ感があり、黒蜜の甘さもサッパリ。お隣を見てみると、通常のかき氷はかなり大きかったので、このセットはどっちも楽しめてよかったです。

 ほかのかき氷メニューも、季節によって変わるそうで、この3月中旬は「生いちごクリームチーズパンナコッタ」など、気になり過ぎるメニューも……。私のお気に入りかき氷店リストに、新たにGOFUKUが追加された日になりました。

シャワーを浴びれる喫茶店!? レトロなカフェ「あおいねこ」で一休み

 ランチ後の眠気が襲ってきたところで、かわいい喫茶店に入ってみました。コーヒー飲んでシャキっとしよう、と階段を登るとなぜか銭湯などによくある「ゆ」ののれんが掛かっています。

 えーっと、私、お店間違えたかな? 銭湯に来たんじゃないんだが……と思いつつ、目の前にはちゃんとカウンターがあり喫茶店の様子。レトロな雰囲気に、猫モチーフが散りばめられていてかわいい店内です。

 季節ごとにブレンドしているという無農薬コーヒーのホットを注文。春の暖かな陽気と、ランチ後の眠気が飛んでいくような渋めのコーヒーを飲んですっかり目が覚めました。

 お会計をしようと席を立ったら、お店のお姉さんに「階段の上の階もぜひご覧になっていってください」と声を掛けられました。確かに、青いタイルのかわいい階段の上は、何があるのか興味をそそります。

 上ってみたら、個室が2つと、窓の空いた喫煙室が。個室にはコタツもあり、ここで昼寝できちゃったかも? 個室があると、小さいお子さん連れでも利用しやすいですね。

 そして、最初に見た「ゆ」ののれんの奥には、本当にシャワーがありました。シャワーが浴びられて、コタツのある喫茶店……世界広しといえど、ここだけだと思います。

 店主自らがDIYしたというレトロな店内の世界観もとてもかわいかったです。今度はお食事やスイーツもいただいてみようと思います。

砂町銀座で美味しいお買い物三昧

 ぶらぶら砂町銀座を歩いていると、かわいい看板の食パン屋さんを発見。レトロな商店街にぴったりの看板です。購入は2斤から、と1人暮らしにはちょっと大きいと思いましたが、冷凍すればよいか、と「しあわせの味(プレーン)」を買ってみました。

 焼きたてパンのよい香りをかいだら、買っちゃいますよねぇ。翌朝、軽くトーストして食べたらさっくりモチモチで、ほんのりとした甘みとバターの香り。この紙袋もかわいくて、キャラクターが立ってますよね。

 プレーンのほかに「粋なぶどう(レーズン)」もあったので、次回はそっちも試してみたくなりました。

高級パン専門店ふくよか本舗

紙袋もかわいい

 食パンを手にぶら下げて、そうだ、カレー作りたかったんだ、と思い出してお惣菜屋さんの「手作りのおそうざい染谷」でらっきょと福神漬けを購入しました。

 考えてみたら、昔はお漬物が嫌いで初めて自分でらっきょと福神漬けを買ったのは初めてです。大人になると味覚が変わって、今はお漬物大好きになりました。

 ズラリと並んだお惣菜も、どれもとっても美味しそう。砂町銀座近くに住んだら、おかずを買いに毎日通ってしまいそうです。疲れて帰ってきたときに、近所に美味しいお惣菜が買えるお店があったらうれしいですよね。

手作りのおそうざい染谷

美味しそうな手作りのお漬物に、お惣菜がズラリ!

 最後は、魚屋の「魚勝」で買い物してみました。最近は魚も肉もスーパーで買えますが、こういう昔ながらの魚屋さんで買い物するのは新鮮で楽しいです。

 そして、値段がめちゃくちゃ安い! なんだか市場に来たような気分になりました。お店は15時には閉まってしまうので、魚勝でのお買い物は早めに来るのがオススメです。

魚屋の魚勝

氷を袋に入れて保冷剤にするスタイル

 商店街で美味しいものを食べるのも楽しいけれど、家に帰っても楽しめるお味噌やお漬物、お魚などを買えて大満足です。

 普段買い物しているエリアから離れて、たまに違う街で買い物をするのもよいものです。

 まだコロナが終息したとはいえませんが、近場でも少し場所を変えるだけで、こんなに新鮮な気持ちになれることに驚きました。

 そして、砂町銀座商店街で食べたり飲んだり、買い物して思ったのがお店の方が皆とっても優しいこと。

 オンラインで何でもできる世の中になりつつありますが、やはり人との生の交流はよいものだな、とほっこりした気持ちで帰路につきました。

 春の暖かな日に、お散歩がてら砂町銀座でぶらぶらするのはいかがでしょうか?


クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button