ライフスタイル

ピンク髪も金髪もまったく問題なし…スタバが装い規定を大幅緩和した本当の狙い これまでは「自然な発色」だったが… | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

コーヒーチェーン最大手のスターバックスは、8月から装いのルールを改定した。大きな変更点は、金髪などの奇抜な髪色がOKになったことだ。これまでは「黒かダークブラウン」と指定していたのをなぜ変えたのか。経済ジャーナリストの高井尚之さんが聞いた――。


髪色は「自然な発色」から「金髪もOK」に


1996年8月2日に日本1号店が開業した「スターバックス」(運営会社はスターバックス コーヒー ジャパン)は今年で25周年を迎えた。


パルコヤ上野店ストアマネージャーの座間味佑奈さん(提供=スターバックス-コーヒー-ジャパン)

パルコヤ上野店ストアマネージャーの座間味佑奈さん(提供=スターバックス コーヒー ジャパン)


新型コロナウイルスの影響で周年イベントなど中止・縮小となったものも多いが、25周年を機に社内向けにも改革を行っている。そのひとつがドレスコードの緩和だ。


具体的な内容例は図表1にまとめたが、中でも興味深いのは髪色の自由化だ。全従業員(同社はパートナーと呼ぶ)が金色や青色やピンク色にカラーリングしてもよくなった。


「私は黒髪ですが、緑色に染めたパートナーもいますよ」


「髪色解禁してどんな状況ですか?」と聞いた都内の店舗では、こんな答えが返ってきた。


ドレスコードの中身と改定例


外資系で若い従業員が多いカフェチェーンとはいえ、接客業でもある。一般的なビジネスシーンの常識で考えると、かなり大胆な決断だ。なぜこれを実施したのだろうか。同社の責任者と現場マネージャーに話を聞きながら考えた。


お堅いオフィスビルに入る店舗もあるが…


「日本1号店のオープン日にあたる8月2日からスタートして3カ月以上たちました。


明るい髪色のパートナーも、お客さまから『素敵な髪の色だね』と言われるなど好意的な声をいただき、SNSでも『自由でいいと思う』といった反応が目立ちます」


千暖ちはるさん(東日本営業本部本部長)はこう話す。全国に1685店(2021年9月末現在)を展開する同社の東日本エリア約550店の責任者だ。


東日本営業本部本部長の林千暖(ちはる)さん

撮影=プレジデントオンライン編集部

東日本営業本部本部長の林千暖(ちはる)さん


スターバックスの店舗立地はさまざまだ。一般的なチェーン店の場合、例えばリゾート地の海沿いのカフェなら、従業員がTシャツや短パン姿で接客してもお客は自然に受け入れる。でも都心部でお堅い会社のオフィスがあり、スーツ姿の人が行き交うビルイン店ではどうだろう。TPOによってヒトの意識は変わるのではないだろうか?



クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button