ライフスタイル

<テークアウト グルメ>Ab・de・F(特選海老フライ弁当):東京新聞 TOKYO Web

◆サクッ エビの存在感

 かつて海辺だった北品川の旧東海道沿いに、エビフライ専門店がある。店名の「Ab・de・F(エビデフ)」は「福原さんからのエビ」の意を込めたもの。

店内

店内

 オーナー・福原有一さんの曽祖父は、明治から続く有名化粧品会社の創業者・福原有信さん。新婚時代に北品川に住み、この地のエビのおいしさに感動したという話が伝わっている。その味に迫るエビを提供したいと、場所にこだわり、2年前、オープンした。テークアウトは新型コロナが収束するまでの予定。

「特選海老(えび)フライ弁当(2本)」

「特選海老(えび)フライ弁当(2本)」

 写真は一番人気の「特選海老(えび)フライ弁当(2本)」1296円。大サイズのブラックタイガーを使ったエビフライ2本と、ご飯に煮物など和総菜を添えた二段重ねになっている。エビフライは看板商品だけに、細かいところまでこだわる。

 油は風味が増すよう、綿実油とラードをブレンド。パン粉はグルメ本のミシュランガイド掲載店も使用するパン粉専門工場に特注。溶き卵は濃厚な味わいの奥久慈卵。タルタルソースはもちろん、エビフライ専用ソースも独自に作った。リンゴなど果実をたっぷりブレンドした切れ味の良いソースで、自己主張することなく、エビのうま味を引き出す。おかげで、カラッと揚がり、サクッブリッとした食べ応えのある身を存分に味わえる。

 店内では、迫力のある有頭エビで提供。弁当は夏の間だけ無頭にし、代わりにサイズを少し大きめにしているそうだ。 (さりあ)

 品川区北品川1の22の15。水曜休。弁当は出来上がりまで60分ほどかかるため、11〜14時、16〜19時の間に電話または来店して予約を。注文用(電)0120・900115(フリーダイヤル)

クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button