日本 イベント 有名

エルフ『THE W』念願の決勝進出で「ギャル全開でぶち上げていきます!」【THE W 2022決勝進出者インタビュー】 | FANY Magazine

“笑いの女王”を決める『女芸人No.1決定戦THE W 2022』の決勝が、12月10日(土)に日本テレビ系で放送されます。12組のファイナリストが発表され、その多彩な顔ぶれが話題となっていますが、その中から、初の決勝進出を決めたエルフのインタビューをお届けします!

出典: FANY マガジン
出典: FANY マガジン

この時期の恒例となってきた『THE W』。プロ・アマ問わず、芸歴や芸風、人数など制限は一切なしに、純粋にネタの面白さだけで、女性芸人日本一の称号と優勝賞金1,000万円をかけて争う“異種格闘技戦”です。女性芸人全盛の時代と言われている今だからこそ、そのハイレベルな戦いに注目度が年々増しています。

今年の『THE W』ファイナリストは、Aマッソ(村上、加納)、エルフ(荒川、はる)、河邑ミク、さとなかほがらか、スパイク(松浦志穂、小川暖奈)、TEAM BANANA(藤本友美、山田愛実)、天才ピアニスト(竹内知咲、ますみ)、にぼしいわし(にぼし、いわし)、フタリシズカかりこる、紅しょうが(熊元プロレス、稲田美紀)、ヨネダ2000(誠、愛)、爛々(萌々、大国麗)の12組。

今回、初の決勝進出を決めたエルフに、『THE W』にかける思いや自分たちならではの強み、そして今後の展望などを語ってもらいました。

「ギャルやからこそ」結果を残したい

――まず「決勝進出」の知らせを受けたときの心境を聞かせてください。

はる 知らせを受けた時、突撃みたいな感じで知らされて。なので、最初は「なになに?」と驚きがすごかったんですけど、そこで「決勝進出です」と言われて、うれしさと驚きとで、ぐちゃぐちゃっとした感情でしたね。けど、時間たつにつれてだんだんと「めっちゃうれしいな」という感情が湧き上がってきた感じです。

荒川 ……ほんまに一生、忘れられないくらい覚えています。いきなり、ぶわーっとスタッフさんが入ってきて。賞レースの決勝に行くということは、芸人として自分たちが進むうえで絶対に超えていきたいところだった。去年は「決勝どうやろう?」と待っていたけど何の知らせも来なかったという経験をしたので本気でうれしかった。今年は『THE W』のことしか考えていない、絶対に決勝に行かないと、と思っていたので。

出典: FANY マガジン
出典: FANY マガジン

はる とくに『THE W』は女性芸人さんだけの戦いというのが大きな特徴で。そのうえで、漫才あり、コントあり、ピン芸あり、いろんな芸風の方たちでの異種格闘技。だからこそ、そんな中で一位は獲りたいと思っていました。

荒川 SNSとか「ぐるナイ『おもしろ荘』」で少しずつお仕事をいただけるようになってきてすごくありがたいんですけど、やっぱり自分は“ギャル芸人”として認められたいなという思いが軸にあって。ネタで結果を残して証明したいという気持ちがあったんです。「ギャルやから賞レースとかええわ」ではなく、「ギャルやからこそ」しっかりという気持ちでしたね。

決勝は視聴率100%いくかも!そんくらいヤバい顔ぶれ!

――お二人は今年4月に東京進出してきたわけですけど、そこも今回の結果に影響していると思いますか?

荒川 私たちは大阪の賞レースを獲らずに上京してきた。上京すると大阪の賞レースは出れなくなる。どっちもとするよりは、そっちは諦めて、上京して『THE W』だけを目指すというスタンスで。『THE W』さえ決勝いけたらという気持ちでしたね。「渋谷行きたい、テレビいっぱい出たい」っていうのを目的に上京してきましたけど、賞レースは『THE W』だけを目指すと決めていました。

出典: FANY マガジン
出典: FANY マガジン

――上京してからも単独ライブをコンスタントにしていたそうですね。

はる 大阪時代は隔月でやっていたんですが、東京来てからは神保町よしもと漫才劇場で毎月やらせてもらっていました。

荒川 上京したのが4月で、そこから毎月やってきましたね。舞台数が増えたことで、「これも」「あれも」といろいろ試せたのは大きいし、すごく良かったかなと思います。

はる 単独ライブって自分たちのことを好きなお客さんが来るのが多いと思うんですけど、私たちの単独ライブは荒川のことをTikTokで見て知ってくださった人とか、お笑いを全く知らないような方も来てくださるんです。

荒川 なので、単独ライブなのにがんがんスベる(笑)。なんでも笑ってくれるわけではないんです。それが逆にめっちゃよかったです。

――そのほかに決勝進出の要因は何かありますか?

はる 今回は準決勝でやるネタ2本をいろんな所で試させてもらったんですが、どのライブの時も荒川が「ここはこう変えたい」「ここはこっちでいきたい」と毎回毎回必ず違う案を出してくれて試せたからこそ準決勝行けたのと、あとは東京だけでなく、大宮や沼津などいろんな劇場でできた。その2つはデカかったなと思っています。

荒川 たくさんの芸人さんにいっぱい助けてもらいました。神保町の劇場は芸歴が近い人が多くて、後輩の子が多いんですけど、みんな面白くて刺激もらえたし、気軽にネタの相談とかできたのは良かったです。例えばヨネダ2000。すごくリスペクトしていて、ほんますごくて大好きなんですけど。毎月ネタ作るのはしんどくて「もう無理かも」と思った時期もあったんです。その時に誠が「絶対一緒に『THE W』の決勝行きましょうね!」と言ってくれた。大阪の同期にも「こうしたいけど表現の仕方がわからない」と言ったら、私のことを分かってくれているからすごく的確に相談にのってくれて。大阪も東京も、ほんまにみんなに助けられました。

出典: FANY マガジン
出典: FANY マガジン

――ヨネダ2000も決勝進出しましたが、そのほかのファイナリストの顔ぶれを見て、どうでしょう?

荒川 自分のお笑いを信じている人が勝つんだなって思いました。とくに私は紅しょうがさんとヨネダ2000、この二組と一緒に決勝いけたのがむっちゃうれしいです。こんな頭のおかしい面白い人、しかも天才、で努力もする人ら。性格もいいし最高です。

はる あと、同期の天才ピアニストはほんまにすごい。そのすごさを知っているので決勝どうなるか楽しみです。

荒川 よく知っている人たちが多いので、初めての決勝ですけど、半分祭りみたいに思っています(笑)。絶対にみんなオモロいし、視聴率100%いくんちゃうかなと。ヤバイことなりたいです。だってエルフが出てんねんもん!

はる ふはははは。なにその自信(笑)。

荒川 決勝の日は町から人が消えて、みんな家に帰ると思う。マジで。

エルフの強みは“圧倒的ギャル感”と明るさ

――エルフというコンビの、自分たちならではの強みはどこにあると思いますか?

荒川 (決め顔しつつ)ギャルだよねー、絶対に。

はる ギャルでしょうね。(と言いつつ、相方を見て)その顔なに?(笑)。

出典: FANY マガジン
出典: FANY マガジン

はる でも、私も強みは、圧倒的ギャル感と、だれよりもネタが明るいことだと思うんで。見てる人たちが「なんや、こいつら」って思わず笑って明るくなれることが強みかなって思います。

――では、ネタとしても明るいものが見られると思っていていいですか?

荒川 いや、ネタはめっちゃシュールです。

はる うそを言うな! 4分間、シュールなネタ1個もないやん!

荒川 いや、ネタの中で伏線7個、張ります。“7ハリ”です。

はる なんやそれ(笑)。

――どんなネタが見れるのか楽しみですが、優勝したらこんなことしたいという野望はありますか?

荒川 私、テレビ大好きなので、テレビにいっぱい出たいです。芸能人にいっぱい会いたい。もうそれだけです。あと、私のトラックを走らせたい。

はる ……なにそれ?

荒川 私の顔をデカデカとのせたトラックに「THE Wおめでとう」と書いて。よく街中で走ってるじゃないですか? 音楽ガンガンかけながら優勝を祝いたいです。

はる ……そういうのって自分でなく、人がやってくれんねんで。

荒川 いや、自分で走らせたい。

はる 私はなんか形に残したい。せっかくなら「ギャルフェス」とか、お世話になった人も呼んでライブとか、そういうイベントとかもいいなと思います。

荒川 いや、トラックやって!

はる ……え? 私の賞金もトラックにつぎ込もうとしてる? イヤやって! 優勝したら、ライブかトラックで揉めるかもしれません(笑)。

――最後に意気込みをお願いします!

はる 去年は届かなかった舞台に立てるということで、今年はギャル全開で優勝したいなと思ってます。

荒川 日本、ブチ上げます! それだけです。

出典: FANY マガジン
出典: FANY マガジン

エルフのプロフィールはこちらから

12月25日(日)には、有楽町よみうりホールで『ファイナリストが大集合!「女芸人No.1決定戦 THE W 2022」アフターパーティー』が開催されます。こちらもぜひチェックしてみてください。

番組概要

『女芸人No.1決定戦 THE W 2022』
放送日時:12月10日(土)19:00~21:54(生放送)
放送局:日本テレビ

公式サイトはこちらから

公演概要

ファイナリストが大集合!「女芸人No.1決定戦 THE W 2022」アフターパーティー 
日時:2022年12月25日(日)開場13:15/開演14:00/終演16:00
会場:有楽町よみうりホール
<出演者>
THE W 2021女王:オダウエダ
THE W 2022 ファイナリスト:Aマッソ、エルフ、河邑ミク、さとなかほがらか、スパイク、TEAM BANANA、天才ピアニスト、にぼしいわし、フタリシズカかりこる、紅しょうが、ヨネダ2000、爛々 ※50音順
司会:黒田みゆ(日本テレビアナウンサー)
会場チケット:前売4,000円/当日4,500円 
オンラインチケット:2,500円→2,000円
チケット販売:FANY チケット(会場)、FANY Online Ticket(オンライン)
本商品はイベント需要喚起事業(イベント割事業)給付金給付規程に基づき実施されるイベント割事業の対象として登録されたイベントの対象商品です。
※イベント割対象のため、通常価格の 2 割引の価格で購入することができます。
オンラインチケット販売期間:2023年1月3日(火)12:00まで
オンラインチケット見逃し視聴期限:2023年1月3日(火)23:59まで
※販売期間や視聴期限が予告なく変更になる可能性がございます。
主催:吉本興業 / 協力:日本テレビ

イベント詳細はこちら
FANYチケット(会場)はこちら
FANY Online Ticket(オンライン)はこちら

クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button