日本 イベント 有名

激レア映像!福岡2万3,000日物語 第2弾 – RKBテレビ / まじもん!

激レア映像!福岡2万3,000日物語 第2弾

今夜のまじもんは「激レア映像!福岡2万3,000日物語 第2弾」。東京タワーが完成、長嶋茂雄が巨人でデビュー、日本でファンタの販売がスタート……そんな出来事があった1958年に「九州初の民放局」としてテレビ放送を始めたRKBに眠る、64年=2万3,000日分の映像記録を一挙公開します!

RKBのアーカイブに眠るびっくり映像を公開

番組では開局70年超のRKBのアーカイブに眠る映像を公開。中には数々の「びっくり映像」がありました。

例えば1950年代は、福岡市中央区にある舞鶴中学校で「自動車部」が大人気に。付き添いの先生といっしょだとしても、中学生が校内で運転するなんて今では考えられない!

1960年代。クリスマス時期の繁華街・中洲では、路上で酔っぱらいが泥酔。酔っ払いが警察に連れられて、たどり着いたのは「酔っ払いセンター」でした。檻の中に入れられて一晩を過ごし、目覚めた時には夜間録音された音声を聞かされるとか……。恐ろしい。

東京オリンピックの成功でさらに飛躍した70年代。マツヤレディス(1973年)に天神コア(1976年)、天神地下街(1976年)と商業施設が立て続けにオープン。北九州市と下関市をつなぐ「関門橋」の開通(1973年)や博多駅まで山陽新幹線が開通(1975年)といったニュースもありました。

こちらは、平和台球場の宝くじ売り場に集まる群衆を、厳戒態勢で制圧する様子。約5万人が集まり、結局宝くじの販売は中止されたとのことでした。

リッチでバブルな80年代。タップダンスが流行し、福岡の若者たちは天神にあった伝説のディスコ「マリアクラブ」で夜な夜な踊りまくっていた!

カラオケブームが到来し、スーパー銭湯が誕生したのもこの時期。いろいろなエンターテインメントが生まれました。「水売ります」のキャッチコピーでミネラルウォーターの販売が始まったのも80年代です。

90年代は「スーパーファミコン」や「たまごっち」といった電子機器、ルーズソックスやプリクラが大流行しました。また、ある調査によると、福岡県では約4割の学校で丸刈りが強制されていたと言います。

セーフorアウト、あなたはどっち?

■無銭で野球観戦

1960年代の福岡、西鉄ライオンズの本拠地・平和台球場でのこと。危険と書かれた看板を越えて木に登り、お金を払わず木に登って試合を観戦する人が続出しました。

■チンパンジーの喫煙

1967年の福岡県知事選ではオランウータンが練り歩き、たすきをかけて公正な選挙をPRするなど、この時代イベントに引っ張りだこだった動物たち。ある日、チンパンジーのチビくんは市議会に召集されました。ところが、議員たちはなんと全員欠席。機嫌を損ねたチビくんは、喫煙でストレスを発散していました。

 

■ファンが実家を訪問

久留米市山川町は、80年代に人気が爆発したチェッカーズの故郷。日本中のファンが「聖地巡礼」を決行し、久留米にも多くの人々が殺到しました。当時、一番人気だった巡礼スポットは、なんとメンバーの実家。お茶をいただいたり、アルバムを見せてもらったりもしていたようです。

北九州の成人式は、昔は普通だった?!

1963年に誕生した北九州市。北九州市の成人式と言えば、そのド派手さでもはや全国的に有名です。しかし実は、2000年代まで派手な衣装や「お祭り騒ぎ」は見られなかったようで……。

番組の調査によると、ド派手のルーツとなったのは2003年。2人の若者が「きんさん・ぎんさん」になりたいとオーダーし、貸衣装店「みやび」が作ったのが、オリジナルの金・銀の袴でした。その派手な衣装を見て「自分も着たい!」と言う人がどんどん増え、現在に至るそうです。

もう怖いとは言わせない! 令和の北九州

やんちゃな成人式の印象もあり、なぜか「怖い」というイメージがついてしまった北九州市。しかし実際はまったく怖くない、過ごしやすい都市。というわけで、令和の北九州の良いところをランキング形式で紹介します。

【1位】北九州名物の成人式、世界へ

北九州市のド派手な成人式の衣装が、クールジャパンの象徴に?! 海外で注目が集まっているとの情報をキャッチした取材班。台湾のあるイベントでは、ド派手衣装を生んだ衣装店「みやび」が特設ブースを設置。行列が途切れないほど大人気だったようです。アメリカ・ニューヨークでも単独展示会を開催。約100人が会場を訪れました。

【2位】(多分)バッティングセンターの球速が世界一

北九州市小倉北区にある「三萩野バッティングセンター」では、世界一といわれる球速でバッターボックスに立つことができます。球速はなんと240km/時! 県外から挑みに来る人も多いようです。

【3位】(多分)カツの分厚さが日本一

カツの厚さに定評があるらしい?! 北九州市。八幡西区にある居酒屋「あきない」では、日本一分厚い?!という「丼かつ」(1,980円)を提供。厚さ7cm、重さ650gの大きなカツは存在感たっぷりです。 ※前日までに要予約

【4位】(多分)タコ公演の数が日本一

国内に20基ある「タコ公園」のうち、11基がある北九州市。この数は多分、日本一。関門海峡でタコが獲れるから?

【5位】日本新三大夜景都市で1位

国内で開かれた夜景サミットで、札幌、長崎を抑えて1位にランクイン。皿倉山からは、真っ赤な若戸大橋のライトアップなど美しい眺望が広がります。

【6位】子育てのしやすさ日本一

平成23年度から11年連続で待機児童ゼロ。小児医療の充実などが評価され、「次世代育成環境ランキング」で総合1位に輝きました。

【7位】事件減少率No.1 

北九州市の刑法犯認知件数の推移は、データによると2002年の4万389件から、2020年には5,145件に減少。北九州市は、やっぱり怖くない!

貴重なアーカイブ映像はまだまだ盛りだくさん。次回以降の放送にもお楽しみに!

クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button