日本 イベント 有名

3月21日(月・祝)に知多半島「日本語教育サミット」を開催します |日本福祉大学

3月21日(月・祝)に知多半島「日本語教育サミット」を開催します


2022年1月17日


 技能実習生の「コロナ切り」がメディアで取り扱われたり、留学生が無休で働かされて日本語学校に訴訟を起こしたりするような時代になり、日本語教育に携わる者としてどのように学習者と関わればよいのか様々な課題を感じるようになりました。学習者側に立ち、来日する外国人の人権や生活が守られ、豊かな生活を送るためにはどのように貢献できるのか、日本語教育に携わるすべての人が考えねばならないことではないでしょうか。

 外国人は日本語を学ぶことにより様々な意味で日本での生活が豊かになるはずです。その観点から、日本福祉大学では「ふくし」を「普通(ふ)の暮らし(く)の幸せ(し)」と定義づけており、まさに今、「日本語教育のふくし」を考える時代になりました。

 日本語教育センターでは「日本語学習者のふくし」を考える機会として、次のとおり「日本語教育サミット」を開催いたします。知多半島および近隣地域で外国人の日本語教育に携わる方々や日本語教育に関心のある方々のご参加をお待ちしております。

※クリックで拡大します

開催日時・会場




日時 2022年3月21日(月・祝)10:00~17:00(9:30開場)
会場

テーマ

日本語教育とふくし

プログラム












10:00 開会挨拶
10:05 基調講演
「在住外国人のふくしと地域の日本語教室」
名古屋外国語大学・名古屋大学名誉教授 尾﨑 明人 氏
11:00 グループディスカッション
11:30 グループディスカッションの共有
12:00 休憩
12:40 「知多半島グローバルマップ55」(ゼミ活動)の紹介
13:00 ポスターセッション:日本語教室の活動発表
14:00 パネルディスカッション
「学習者のふくしを考える」:日本語教育の当事者の声を聞く
15:30 情報交換
16:00 閉会挨拶

対象

知多半島および近隣地域で外国人の日本語教育に携わる方々、地域での外国人の日本語教育に関心のある方等

定員

100名

ポスターセッションについて

ポスターセッションの発表をお申込みいただいた日本語教室の情報を事前に調査させていただき、学生がポスターを作成します。
ポスターセッションでは各教室の担当者がポスターの前に立ち、教室での活動の紹介をお願いいたします。

参加申込

3月9日(水)までに次の参加申込みフォームまたはFAXにてお申込みください。

ポスターセッションでの発表をご希望の方は、1月31日(月)までにお申込みください。







FAX 開催案内チラシ裏面の用紙に必要事項をご記入の上、送信ください。
送信先 0562-39-3281
申込締切日 3月9日(水)
※ポスターセッションでの発表をご希望の方は1月31日(月)

申込の受付は終了いたしました

参加費 無料
お問い合わせ先 日本福祉大学 国際課

TEL : 0562-39-3811(東海事務室との共有番号)

E-mail : [email protected]

関連リンク

クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button