日本 イベント 有名

2021年の「按針祭」は?「夢花火」も合わせ19日間行われる伊東市の花火大会に注目! |花火大会2021 – ウォーカープラス

例年、花火大会や灯籠流し、コンサートなどを催す、夏の伊東市の風物詩「按針祭(あんじんさい)」。2021年8月8日(日・祝)から開催される今年の「按針祭」は、コロナの影響により、花火大会を小規模にして分散開催される。さらに、前後には「伊東温泉 夢花火」などの花火大会も予定され、伊東市の夜空に合計19日間、花火が打ち上がる!
※まん延防止等重点措置の発令に伴い、2021年8月6日以降の開催は期間未定で延期となりました。詳細は公式サイトをご確認ください。 

20分間で約1000発の花火が打ち上がる
20分間で約1000発の花火が打ち上がる

コロナからの復興を目指して伊東温泉を元気に!

「按針祭」とは、徳川家康の外交顧問を務めたイギリス人・三浦按針の功績を称える伊東市最大のイベント。灯籠流しやステージイベントなどのほか、例年8月10日には祭りのハイライトとして盛大な花火大会が行われ、古くから市民に親しまれている歴史ある祭りだ。

【写真】按針祭海の花火大会
【写真】按針祭海の花火大会

昨年はコロナの影響により祭り自体が中止となったが、今年は「コロナ禍ではあるが、市民に祭りを楽しんでいただき、観光も盛り上げていきたい」との思いで、2021年度の第75回「按針祭」では、花火大会を小規模分散して実施される。日程は、8月8日(日・祝)から13日(金)までの6日間。期間中は、20時30分から20分間で約1000発の花火が夜空を彩る予定だ。伊東海岸周辺であればどこからでも観覧できるので、密を避けて花火大会を楽しもう。

2021年は6日間で「按針祭」の花火大会を分散開催する
2021年は6日間で「按針祭」の花火大会を分散開催する

「夢花火」も合わせて、合計19日間で花火が打ち上がる!

「按針祭」の前後にも花火大会を予定する。「伊東温泉 夢花火」が7月30日(金)、31日(土)、8月6日(金)、7日(土)、16日(月)、17日(火)、20日(金)、21日(土)、23日(月)、24日(火)で開催される。さらに、8月1日(日)には「宇佐美夏まつり海上花火大会」、8月15日(日)には「川奈港いるか浜花火大会」、8月22日(日)には「伊東温泉箸まつり花火大会」を実施。「按針祭」「伊東温泉 夢花火」「伊東温泉箸まつり花火大会」は伊東海岸から、「宇佐美夏まつり海上花火大会」は宇佐美海水浴場、「川奈港いるか浜花火大会」は川奈港からと、大会によっては場所や時間が異なるので、事前に確認して出かけよう。

伊東海岸を彩る花火
伊東海岸を彩る花火

観覧は無料だが、混雑しそうな日にちを避けるなどして、密にならないよう配慮しながら楽しんで。また、イベント専用の駐車場はないので、周辺の有料駐車場を利用するなどして、交通の妨げにならないように気をつけよう。

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

情報は2021年8月10日 10:38時点のものです。おでかけの際はご注意ください。

ウォーカープラス編集部




クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button