日本 イベント 有名

次世代の演歌・歌謡シーンは新橋から―― 「新橋日曜劇場 新橋で会いましょう Vol.4 にっぽん秋の歌祭り」が開催、若手歌手らが熱演!

2021.10.14

2021年6月よりほぼ月例開催、毎回次世代の演歌・歌謡シーンを担う注目歌手が多数出演する「新橋日曜劇場」シリーズ。このたび10月10日にその第4回となる「新橋日曜劇場 新橋で会いましょう Vol.4 にっぽん秋の歌祭り」が、東京・新橋のジールシアター東京で開催された。

まもなくデビュー8年目を迎える演歌歌手の徳永ゆうき細川たかし一門注目の若手として呼び声の高い彩青(りゅうせい)が進行役を務める本イベント。出演陣として今年7月にソロコンサートを成功させ、11月にDVDの発売を控える藤井香愛が2回目の登場、第1回、第2回に続いて3回目の登場となる門松みゆき、来月にデビューを控え、本イベントには4回出演している田中あいみ、そして今回は新たに“新感覚歌謡男子”として人気を集める斬波、シンガーソングライターの聖響(せらび)が揃い踏みした。

オープニングアクトに登場したのは聖響。ピアノの弾き語りで森田公一とトップギャラン『青春時代』サイモン&ガーファンクル『明日に架ける橋』のカバー2曲を披露した。

イベントは『鉄道唱歌』で賑々しくスタート。まず徳永と彩青が1コーラス歌った後、この日の出演者がステージに勢ぞろいした。オープニングMCでの各出演者の自己紹介に続き、まずはそれぞれのオリジナル曲のコーナーに。彩青、徳永はデビュー曲(彩青:『銀次郎旅がらす』徳永:『さよならは涙に』)と最新曲(彩青:『津軽三味線ひとり旅』徳永:『車輪の夢』)を、それぞれ2曲ずつ披露。

藤井は2020年リリースの『その気もないくせに』、門松は今年1月リリースの『花の命』、斬波は2018年のデビュー曲『もぐら』、そしてメンバーの航が作詞・作曲を手掛けた『アシタテンキニナレ』を披露した。

田中はデビューシングルの表題曲『孤独の歌姫(シンガー)』を初演、また日本クラウンのオーディションで歌った一葉の『涙のリバー』のカバーも披露、各出演者の熱演に、客席は発声での応援が制限される中、熱のこもった手拍子や手振り、拍手で応えた。

続いては、前回に引き続き「日本のレジェンドに挑戦」と題して、彩青と田中の師匠である細川たかしの名曲カバーにチャレンジ。まずは斬波が『北酒場』を振り付きで披露し会場を盛り上げる。

藤井は『心のこり』をしっとりと、門松は『矢切の渡し』を情感たっぷりに歌い上げ、徳永は『佐渡の恋唄』を持ち前の伸びやかな歌声を生かして美しく表現した。細川一門の彩青は三味線を手に『望郷じょんから』を披露し、直弟子の矜持を感じさせる素晴らしいパフォーマンスを見せた。

コーナーの最後には『浪花節だよ人生は』を全員で歌い、世代を超えて愛される名曲の数々と、それに果敢にチャレンジする出演者の歌声によって、会場は明るい雰囲気に包まれた。

続いては、秋をテーマにした演歌・歌謡曲の名曲をカバーするコーナーに。まずは藤井の歌う松田聖子『風立ちぬ』が会場を華やげ、斬波は狩人のカバー『コスモス街道』を熱く披露。

門松は山口百恵『秋桜』を、原曲の儚さに持ち前の静かな熱を加えて表現、彩青は布施明『シクラメンのかほり』を自身の持ち味を存分に生かして演じ、徳永は井上陽水・安全地帯『夏の終りのハーモニー』を披露、真っすぐな声が曲想とマッチし、客席をあたたかく包み込んだ。

コーナー間にはゲストダンサーとしてSuihaYUKINASuiha Numberがパフォーマンスを披露、ステージを華やげた。

コンサートの締めとして、オープニングを努めた聖響も再登場し全員で北島三郎『まつり』を披露、会場はそれぞれのファンの垣根を超え一体となり、盛況のうちに大団円を迎えた。

また終演後は全アーティストがステージに勢ぞろいし、観客からのフォトセッションに応じるサービスも。

「新橋日曜劇場」は4回めを迎え、回を経るごとに益々の完成度、満足感を客席に届け続けている。伸び盛りの若手アーティストたちが作り上げるステージ、ジャンルの垣根を超えた盛りだくさんの名曲の数々、そして月次のシリーズ開催により、イベント、アーティスト双方の成長を、生のステージでつぶさに見られる貴重な機会だ。

次回は11月14日にジールシアター東京で「新橋日曜劇場 新橋で会いましょう Vol.5 感動 思い出名曲祭り」を開催、徳永ゆうき彩青、第3回から2回めの登場となる東京力車、本シリーズ皆勤賞・デビュー後初登場の田中あいみ、新たに望月琉叶(もちづきるか)、今回に続きシンガーソングライターの聖響、ダンサーとしてAnnieAnriKids Dancersが出演する。

各アーティストのファンのみならず、演歌・歌謡曲のファン必見の「新橋日曜劇場」シリーズの今後に注目したい。

セットリスト

M1 鉄道唱歌(全員)
M2 銀次郎旅がらす(彩青)
M3 津軽三味線ひとり旅(彩青)
M4 さよならは涙に(徳永ゆうき)
M5 車輪の夢(徳永ゆうき)
M6 その気もないくせに(藤井香愛)
M7 花の命(門松みゆき)
M8 もぐら(斬波)
M9 アシタテンキニナレ(斬波)
M10 孤独の歌姫(シンガー・田中あいみ)
M11 涙のリバー(田中あいみ)
M12 北酒場(斬波/細川たかしカバー)
M13 心のこり(藤井香愛/細川たかしカバー)
M14 矢切の渡し(門松みゆき/細川たかしカバー)
M15 佐渡の恋唄(徳永ゆうき/細川たかしカバー)
M16 望郷じょんから(彩青/細川たかしカバー)
M17 浪花節だよ人生は(全員/細川たかしカバー)
M18 風立ちぬ(藤井香愛/松田聖子カバー)
M19 コスモス街道(斬波/狩人カバー)
M20 秋桜(門松みゆき/山口百恵カバー)
M21 シクラメンのかほり(彩青/布施明カバー)
M22 夏の終りのハーモニー(徳永ゆうき/井上陽水/安全地帯カバー)
M23 まつり(全員/北島三郎カバー)

新橋日曜劇場 新橋で会いましょう Vol.5 感動 思い出名曲祭り

【日時】

2021年11月14日(日)
一部公演:12:30開場/13:00開演
二部公演:15:30開場/16:00開演

【会場】

ジールシアター東京
〒105-0004 東京都港区新橋3-5-10 新三ビルB1F
※会場へのお問合せはご遠慮下さい

【演出・構成】

宮下康仁

【出演】

徳永ゆうき、彩青、東京力車、望月琉叶、田中あいみ、聖響

【チケット】

4,000円(税込)※別途1ドリンク代500円
自由席:整理番号順入場

CNプレイガイドにて9月22日(水) 11:00〜販売開始
電話予約0570-08-9999
平日11:00〜15:00 土日祝10:00〜15:00

【お問い合わせ】
ジールワールドワイド

https://zeal-studios.com/event/shimbashisunday5/


クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button