日本 イベント 有名

Huawei FreeBuds 4は 「軽やかに働く」 が求められる時代にぴったりのノイキャンイヤホン、”プレゼンの神” 澤 円さんが絶賛

10月6日、ファーウェイ・ジャパンは 「完全ワイヤレスイヤホンを活用したリモート時代の効率的な働き方」 をテーマにしたメディア向けイベントを開催した。

本イベントでは、ゲストスピーカーとして “プレゼンの神” こと株式会社圓窓 代表取締役の澤 円 (さわ まどか) さんが登場。リモート時代においてどのように働くべきなのか、完全ワイヤレスイヤホン 「Huawei FreeBuds 4」 のオススメポイントなどについて語った。

Huawei FreeBuds 4はリモート時代に適した完全ワイヤレスイヤホン、澤 円さんも活用中

澤 円さんは、日本マイクロソフトの元業務執行役員で、現在は株式会社圓窓の代表取締役を務めながら、大学教授や複数企業の顧問などさまざまな方面で活躍されている。数多くのイベントに登壇し、プレゼンテーションに関して毎回高い評価を得ていることで有名だ。

澤さんは、新型コロナウイルスの感染拡大を受けてテレワークが普及したものの、家にいるといろいろとやることがあるなど 「ノイズ」 がたくさんあると指摘。このノイズが多い環境でも効率よく仕事をするには、「ながら作業」 が重要であるという。

人間は目と耳の両方を持っていかれると何もできなくなるが、耳だけなら 「ながら作業」 ができる。オンラインで会議を聞くなど、耳だけでできる仕事もある。

「場所」 と 「仕事」 のつながりが希薄になったリモート時代は、「軽やかに働く」 ことが求められる時代であると澤さんは語る。その上で、「Huawei FreeBuds 4」 はとても軽やかで、オススメのデバイスであると紹介した。

「Huawei FreeBuds 4」 は装着感がすごく良く、ノイズキャンセリング機能も優れている。音を聞くのも優れているけれども、マイクの性能が高く、オンラインミーティングなどでクリアな音声を相手に届けることができていると自身の体験を伝えた澤さん。

澤さんも絶賛する 「Huawei FreeBuds 4」 の装着感は、1万人以上の耳の形をモニタリングし、人間工学に基づいて多くのユーザーの耳に正確にフィットするよう成形することで実現している。

本体サイズは先代モデルから6.3%の小型化と20.8%の軽量化を実現しており、イヤホン単体は4.1gとかなり軽量だ。

内蔵ドライバーは14.3mmと大型のものを使用しているほか、低音増強パワーエンジンによって開放型のイヤホンで失われがちな低音が適度に増強されることで、音楽も最適な音質で楽しむことができる。

また、Huawei FreeBuds 4は、耳の外側と内側に搭載されたデュアルマイクにより、外部と耳の内部から発生するノイズを的確に検出して除去するアクティブノイズキャンセリング機能に対応している。自宅での作業中に気になる 「ノイズ」 を自然に除去し、集中しやすい仕事環境を作るのに適した完全ワイヤレスイヤホンだ。

Huawei FreeBuds 4はファーウェイ公式サイトのほか、Amazonや各家電量販店などで購入可能。参考価格は18,480円(税込)だ。


クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button