日本 イベント 有名

JAIHOで“怖くて面白い”ホラー作品公開!『へレディタリー/継承』『スクリーム』ほか | cinemacafe.net

映画配信サービス「JAIHO」(ジャイホー)では、夏の納涼企画として厳選した“怖くて面白い”ホラー特集「夏の絶叫ホラー祭り」と題して、4作品を8月11日(水)より順次配信することが決定した。

「JAIHO」は、2021年6月21日よりスタートした新しい映画配信サービス。世界中の様々な傑作を厳選して配信する、映画ファンのためのサービスだ。オンラインでの視聴に加え、無料アプリを利用してFire TVでも視聴が可能。月額770円(税込)、初回加入のみ2週間無料で楽しむことができる。

今回の特集では、8月11日から14日にかけて、4日連続でホラー映画4作品を配信。

●『へレディタリー/継承』

初日は、大ヒット映画『ミッドサマー』のアリ・アスター監督長編デビュー作『へレディタリー/継承』が登場。

『へレディタリー/継承』
祖母が亡くなり、葬儀を終えた家族に祖母が残した恐るべき“何か”が継承されてしまう本作。恐怖の対象が徐々に明るみになっていくに連れ、不安感が観客を襲う不条理ホラー作品。随所に物語のヒントや真相に関するネタが散りばめられており、くまなく観ることがポイントだ。

●『フロム・ダスク・ティル・ドーン』

続いては、カルト的な人気を誇るホラー映画の名作、ロバート・ロドリゲス監督がジョージ・クルーニー、クエンティン・タランティーノとタッグを組んだジャンル激変ホラー『フロム・ダスク・ティル・ドーン』。

『フロム・ダスク・ティル・ドーン』
強盗殺人を犯した兄弟が、近くにいた家族を人質に逃避行を続け、とあるバーにたどり着くが、そこはヴァンパイアの巣食う店。そこら中から襲いかかってくる吸血鬼を相手に、生き残ることができるのか――。前半と中盤以降のジャンルが全く変わるところも見どころ。

●『スクリーム』

ウェス・クレイヴン監督の90年代を代表する学園スラッシャー映画『スクリーム』も登場。

『スクリーム』
田舎町で殺人事件が発生し、女子高生シドニーが殺人鬼の恐怖と対峙。ナイフで襲いかかってくる新たなホラーアイコン“ゴーストフェイス”の恐怖から逃げ切ることができるのか――。怖いだけではない、ブラック・コメディを織り交ぜたスリリングな展開に思わず引き込まれる。

●『ミミック』

ラストは、ギレルモ・デル・トロ監督の長編映画2本目となるホラー映画『ミミック』。

『ミミック』
疫病が蔓延した街で媒介となるゴキブリを殲滅するため、人工的に生み出された新種の昆虫“ユダの血統”が人間に擬態(ミミック)し、牙をむくクリーチャーホラーの金字塔的作品だ。

「夏の絶叫ホラー祭り」配信スケジュール

・『へレディタリー/継承』8月11日(水)~配信開始
・『フロム・ダスク・ティル・ドーン』8月12日(木)~配信開始
・『スクリーム』8月13日(金)~配信開始
・『ミミック』8月14日(土)~配信開始


クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button