ゲームニュース

12月16日の配信イベントでサプライズな新作VRゲームが発表?―今週の気になるVRゲームニュースまとめ(11月27日~12月3日) – MoguLive

「気になるVRゲームニュースまとめ」では、一週間の内に報じられたVRゲーム関連ニュースの中から気になる新作、アップデート情報などをまとめてお届けします。今回は11月27日~12月3日の関連ニュースが対象です。

目次

1. 弓矢で戦うVRローグライクシューター「In Death: Unchained」が日本語に対応
2. 海外ドラマ「ピーキー・ブラインダーズ」原作のVRゲームが2023年3月に発売決定
3. 古風なVRFPS「COMPOUND」Quest 2版の発売日が12月9日に決定
4. サプライズなVRゲームが発表?「Resolution Games Showcase」が12月16日に放送

弓矢で戦うVRローグライクシューター「In Death: Unchained」が日本語に対応

VRローグライクシューター「In Death: Unchained」に日本語を始めとする多言語対応を図る無料アップデートが実施されました。

「In Death: Unchained」は天国、煉獄、地獄の3つからなる死後の世界を舞台に、天使や悪魔といった軍勢と戦闘を繰り広げながら、最深部を目指すVRローグライクシューター。移動から戦闘まで、全てを弓矢の射出によって実施する異色の操作スタイル、力尽きれば問答無用で最初からやり直しとなるルールを始めとする、ローグライク特有の緊張感に富んだ難易度を売りとしています。

元は2018年にPC(Steam)などで発売された「In Death」のパワーアップ版。基本的な内容はオリジナルと共通ですが、回避アクションの使い勝手向上、新しいレベルといった独自の要素が多数追加され、より盛り沢山な内容となっています。

心折れまくり 激ムズVRローグライク「In Death: Unchained」レビュー

心折れまくり 激ムズVRローグライク「In Death: Unchained」レビュー

MoguLive

今回のアップデートでは多言語対応以外にも、新たなゲームモード「Mortally good」が追加。また、オンラインリーダーボードの記録のリセットも実施され、上位を目指すに当たっては再び1から挑戦する形となります。

(参考)Meta Quest Store

海外ドラマ「ピーキー・ブラインダーズ」原作のVRゲームが2023年3月に発売決定

海外ドラマ「ピーキー・ブラインダーズ」原作のVRアクションアドベンチャーゲーム「Peaky Blinders: The King’s Ransom」が2023年3月10日にMeta Quest 2(Quest Pro)、PICO 4向けに発売されます。

原作の「ピーキー・ブラインダーズ」は、日本国内ではNetflix (ネットフリックス)にて配信中。

1910~1920年代イギリスに実在したギャングを題材とした作品で、次男トーマスを筆頭とするシェルビー家がどんな犠牲を払おうと、暗黒街の頂点を目指して成り上がっていく様子を描いています。

「Peaky Blinders: The King’s Ransom」はゲームオリジナルのストーリーを描いた内容とのことで、開発は同じくイギリス生まれのドラマを原作としたVRゲーム「ドクター・フー: 時空の狭間」を手がけたMaze Theoryが担当。プレイヤーは主人公のシェルビー兄弟に扮して、尋問、戦闘といったイベントをこなしながら本編を進めていく形になるようです。

また、本作はQuest 2、PICO4以外にPC(Steam)向けにも発売予定。ストアページも開設されていますが、発売日は未定で、Quest 2とPICO4版が発売された後になる可能性が推察されます。なお、PlayStation VR2(PSVR)版は未定。ただ、開発のMaze TheoryはPSVR2に関心を持っているようで、今後の動向が注目されます。

(参考)UploadVR

古風なVRFPS「COMPOUND」Quest 2版の発売日が12月9日に決定

2022年7月にSteamで早期アクセス期間を終え、製品版の販売を開始したVRFPS「COMPOUND」。そのMeta Quest 2(Quest 2)版の発売日が12月9日に決定しました。合わせてMeta Quest Storeではストアページも開設されています。

「COMPOUND」は「DOOM」、「ウルフェンシュタイン」といった黎明期のFPSを想起させる古風なグラフィック、ハイテンポな展開を売りにした作品。マップの探索と戦闘をこなしつつ、その中心部を目指すという内容です。

見た目は昔ながらのFPSですが、プレイするたびに地形の構造、敵の配置が変化するローグライク由来の要素を実装。途中で力尽きた際にも最初からやり直しになってしまうなど、緊張感を煽り立てる”ハードコア”な作りを特徴としています。

Quest 2版はSteamの早期アクセス期間中から予告されていたもので、約4ヶ月半ほどの間を空ける形での発売となります。なお、SteamのPC向けVR版と同様、ゲーム内言語は英語のみで日本語には未対応です。

(参考)Meta Quest Store

サプライズなVRゲームが発表?「Resolution Games Showcase」が12月16日に放送

「デメオ: ダンジョン アドベンチャー」、「Ultimechs」などのVRゲームで知られるスウェーデンのXRスタジオ、Resolution Gamesが開発中の新作をお披露目する「Resolution Games Showcase」の放送が発表されました。日本時間12月16日の午前2時にYouTube、Facebookにてライブ配信されるとのことです。

Resolution Gamesによれば、本放送ではVRおよびMRゲームのファンを対象とした新作の発表、発売済みタイトルのアップデート情報、そして”タイムリーなサプライズ”を予定しているとのこと。その内のひとつ、アップデート情報に関しては12月16日の配信が告知されている「デメオ: ダンジョン アドベンチャー」第5のシナリオのことになると思われます。ただ、Resolution Gamesいわく、それはあくまでも全体の一部に過ぎないとのこと。他にこれまで発売してきたVRゲームとは一線を画す新作が含まれるようです。

(直近の新作「Ultimechs」)

Resolution Gamesとしては初のライブ配信で、どのような新作VRゲームが紹介されるのか。当日の放送が注目されます。

(参考)Road to VR

クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button