ゲームニュース

「AKIRA」、「攻殻機動隊」などに影響を受けたVRバイクシューター発売日決定―今週の気になるVRゲームニュースまとめ(9月25日~10月1日) – MoguLive

「気になるVRゲームニュースまとめ」では、一週間の内に報じられたVRゲーム関連ニュースの中から気になる新作、アップデート情報などをまとめてお届けします。今回は9月25日~10月1日の関連ニュースが対象です。

目次

1. パズルアドベンチャー「Call of the Sea」のVR版が発表
2. お化け屋敷VRホラー「アフェクテッド 恐怖の館」続編が発表 (なぜか)肉体的・精神的な困難に挑むマルチプレイも収録!?
3. VRバイクシューター「RUNNER」Meta Quest 2版の発売日が決定
4. ブーストによるスピーディな戦闘が特徴のVRロボアクション「ARMS DOLL」発売

パズルアドベンチャー「Call of the Sea」のVR版が発表

パズルアドベンチャーゲーム「Call of the Sea」のVR版が発表されました。2023年にMeta Quest 2専用タイトルとして発売予定とのことです。

「Call of the Sea」は1934年、南太平洋の遥か彼方の名前のない島を舞台に、主人公ノラが失踪した夫の手がかりと島の秘密に迫っていくストーリーを描いた作品。2020年にPC版がSteamで発売された後、PlayStation 5、Xbox Series X|Sといった家庭用ゲーム機向けにも発売されました(※ゲーム内言語は日本語にも対応しています)。

ゲームエンジン「Unreal Engine 4」を駆使した美しいグラフィック、バランスの取れた謎解き、そして「クトゥルフ神話」を下地にしながらも明るく、それでいて涙腺を刺激するストーリー展開で高く評価されています。

VR版は本稿執筆時点において、発売されることが報じられただけで、詳細な内容に関しては不明。米メディアUploadVRによれば、10月26日から11月26日にかけて開催される「Raindance Festival 2022」にて、具体的な内容をお披露目する続報が発表されるとのことです。

(参考)UploadVR

お化け屋敷VRホラー「アフェクテッド 恐怖の館」続編が発表 (なぜか)肉体的・精神的な困難に挑むマルチプレイも収録!?

30秒に1回の間隔で恐怖に襲われる、お化け屋敷的VRホラーゲーム「AFFECTED the Manor」(邦題:アフェクテッド 恐怖の館)の続編「Affected: The Asylum」が発表されました。2023年に主要なVRプラットフォーム全てで発売予定とのことです。

「Affected: The Asylum」は全3章からなるストーリー主導型のホラーアドベンチャーゲーム。プレイヤーは「Red Park Asylum」なる廃墟を舞台に、近頃目撃が相次ぐ幽霊、怪奇現象の証拠集めに挑みます。前作のお化け屋敷的ホラー演出は本作でも健在で、開発のFallen Planet Studiosによれば「ゾッとするような出会いに気を付けて欲しい」とのこと。


(前作「アフェクテッド 恐怖の館」)

またストーリーモードのほか、肉体的・精神的な課題に挑む最大4人参加可能な対戦型マルチプレイモード「The Assessment」なるものも”どういうわけか”収録。発売後にも作中の世界観を掘り下げる無料のダウンロードコンテンツ、「The Escape」が配信予定で、こちらは他のプレイヤーと協力して悪魔的なパズルの解読と謎の人物を追跡するマルチプレイが楽しめるとのことです。

(参考)UploadVR

VRバイクシューター「RUNNER」Meta Quest 2版の発売日が決定

「AKIRA」、「攻殻機動隊」などの名作アニメに影響を受けたVRバイクシュータ―「RUNNER」が10月6日、Meta Quest 2向けに発売されることが決定しました。ストアページの情報によれば、日本語には未対応とのことです。

「RUNNER」は2021年4月に発表された新作VRゲーム。前述の名作アニメを強く連想させるサイバーパンクな世界観、アニメーションムービーおよびキャラクターデザインを特徴としています。

内容はバイクを操縦して警察、ドローン軍団の追撃を退けつつ、物資の運搬に挑むというレール型のVRシューティングゲーム。多彩な武器と「R.U.S.H」なる時間を遅くする特殊能力を活用する戦術面、遊ぶたびにステージの構造から敵の出現パターンが変化するランダム要素を特徴としています。

本作はMeta Quest 2以外にも、PlayStation 5(PS5)の次世代VRシステム改め、PlayStation VR2版の発売も予定されています。

「AKIRA」や「攻殻」をオマージュしたVRバイクゲームが発表

「AKIRA」や「攻殻」をオマージュしたVRバイクゲームが発表

MoguLive

(参考)Meta Quest Store

ブーストによるスピーディな戦闘が特徴のVRメカアクション「ARMS DOLL」発売

新作VRゲーム「ARMS DOLL(アームズドール)」が9月30日より、Steamで販売開始となりました。価格は税込1,950円。対応ヘッドセットはValve Index、HTC Vive、Oculus Rift(Rift S)になります。

「ARMS DOLL」は人型機動兵器「アームズドール」のパイロットになって、敵との壮絶な戦いに挑むVRメカアクションゲーム。シンプルな操作性と照準アシストにより、直感的かつスピーディなメカバトルが楽しめる作りを特徴としています。

操縦する「アームズドール」も中菱型、重量型、軽量型といった異なる種類に加えて、小型量産機に作業機といった非戦闘用まで用意。ミッションで得られた報酬を用いれば、それぞれに装備可能な武器の購入や性能の強化を図ることも可能となっています。ミッション本編にもエースパイロットの操縦する強力な改造機体、大型機動兵器との戦いなど、ロボットアニメ好きの心をくすぐる展開が目白押しです。

なお本作はリリース記念セールとして、10月8日午前2時頃までは10%割引の税込1,755円で販売されます。

ソフトウェア概要

タイトル

ARMS DOLL(アームズドール)

発売・開発元

辻斬無明

対応ヘッドセット

Valve Index、HTC Vive、Oculus Rift(Rift S)

プレイ人数

1人

価格(税込)

1,950円(Steam)

(参考)Steam

クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button