ゲームニュース

AMD、フルHDゲーム向けエントリーGPU「Radeon RX 6500 XT」を21日に国内発売(Impress Watch)

【この記事に関する別の画像を見る】

 どちらもRDNA 2アーキテクチャを採用し、ディスクリートGPUとしては世界初を謳う6nmプロセスで製造される。フルHD(1080p)解像度/中~高設定でのゲームプレイを想定した製品で、Radeon RX 6000シリーズの中では下位のラインナップをカバーする。

 フルHDをターゲットとした製品設計により価格も抑えており、Radeon RX 570やGeForce GTX 1650などからのアップグレードのほか、新たにPCゲームを始めたいユーザーにも好適だとする。

 Radeon RX 6500 XTは同社製GPUの中でも最も高いクロックを実現し、ゲームクロックは2,610MHzに達する。CU(Compute Unit)およびRay Acceleratorはともに16基で、16MBのInfinity Cacheを搭載する。

 メモリは4GB GDDR6で、バス幅が64bit、速度が18Gbpsとなり、Infinity Cacheを組み合わせた実効帯域幅は231.6GB/sを発揮できるとしている。バスインターフェイスはPCI Express 4.0 x4で、消費電力は107W。

 フルHD/高設定の場合、GeForce GTX 1650と比べて「Farming Simulator 22」では約41%高い平均115fps、「HALO INFINITE」では約12%高い平均80fpsを発揮。自社のRadeon RX 570と比べても大幅な性能向上を達成した。そのほか、「Far Cry 6」などのAAAタイトルや「Fortnite」などの人気タイトルにおいても、1.2~1.6倍程度の性能向上を実現したとする。

 Radeon RX 6400はOEM向けGPUとなり、カード単体での販売は行なわない。Radeon RX 6500 XTから、CUおよびRay Acceleratorをともに12基に、メモリ速度を16Gbpsに変更し、消費電力も53Wと補助電源が必要ない設計となっている。

 ゲームクロックは2,039MHzで、メモリは4GB GDDR6、バス幅が64bit。16MBのInfinity Cacheを組み合わせた実効帯域幅は215.6GB/sを発揮できるとする。バスインターフェイスはPCI Express 4.0 x4。

 そのほか共通の特徴として、CPUからVRMへ直接アクセスできるようになる「Smart Access Memory」や、高画質化と高フレームレート化を両立する超解像技術「FidelityFX Super Resolution(FSR)」、入力操作からゲーム画面への反映までの遅延を抑える「Radeon Anti-Lag」、FSRと同じアルゴリズムを利用したドライバレベルのアップスケーリング機能「Radeon Super Resolution」(今後提供予定)などもサポートする。

クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button