ゲームニュース

ゲーム好きジャニーズが生み出す新たなムーブメント 意外なメンバーの活躍も光る「Johnny’s Gaming Room」への期待(リアルサウンド) – Yahoo!ニュース

 ゲーム好きとして広く知られているのは二宮和也であるが、ジャニーズにはゲーム好きなメンバーが他にも多く存在する。山田涼介(Hey! Say! JUMP)はYouTubeで自らのゲームチャンネル「LEOの遊び場」を開設するほどの腕前で、有名ゲーマーたちとコラボしたゲーム実況などを次々と配信。ジャニーズのファンに加え、ゲーム好きな視聴者も多く、チャンネル登録者数は60万人近く(2021年末現在)に上っている。配信には知念侑李が登場することもありファンを喜ばせている。

 今回の「Johnny’s Gaming Room」ではテレビゲームだけでなく、ボードゲーム、カードゲームなど幅広いジャンルのゲームに挑戦する動画を定期的に配信して行く予定。12月16日からジャニーズWEST、Sexy Zone、Snow Man、関西ジャニーズJr.、ジャニーズJr.、SixTONES、King & Prince、なにわ男子の順で、ゲームを通じて3人と触れ合う様子が公開されている。

 第1回目の配信にはバラエティでの活躍が目覚ましいジャニーズWESTが登場した。ゲームが得意だという神山智洋を筆頭に、ほとんどゲームをしないという桐山照史、釣りの方が好きという濱田崇裕などそれぞれだが、まずはメンバー同士で「マリオカート」をプレーすることになった。冒頭では中間淳太が選んだキャラクターについて「機嫌の悪いときの淳太や」とメンバーが大ウケする場面も。圧倒的なポテンシャルを見せつけたのはゲーム中も普通にトークができるほどゲームをやりこんでいた神山。最後は有岡ら3人と神山が対戦する姿も見られ、「今まであまり絡みのなかったメンバー同士で新鮮」「普通の男の子が遊んでいるみたいで楽しい」など、視聴したファンの声がSNSに数多く寄せられていた。

 続く18日にはSexy Zoneが登場し「みんなのGOLF」に挑戦。『キスマイ超BUSAIKU!?』(フジテレビ系)のコント内で、千賀健永(Kis-My-Ft2)扮する“ウタゲッターズ千賀”から「課金星」「ゼロが6つ見える」などゲームへの課金を暴露されていた玉森が、4人にアドバイスするシーンも。有岡が菊池風磨のムチャぶりに「山田ほど優しくないからな!」と発言し全員の笑いを誘えば、「ジャにのちゃんねる」への参加でYouTuberとしては“先輩”の菊池も、有岡の表情に「機嫌の悪いおでんくん」と評した爆笑シーンも公開された。

 20日にはSnow Manも登場し「スーパーマリオパーティ」をプレイ。かつて有岡と同じユニットだった深澤辰哉のリラックスモードに対し、今まで交流の少なかった目黒蓮、向井康二、ラウールは少し緊張の面持ちでのスタートとなった。切り込み隊長の佐久間大介がテンポ良くトークを回し、緊張気味のラウールの挑戦を「みんながラウールを応援している」とナイスアシスト。それにラウールは「めっちゃ楽しかった」と笑顔で応えた。ゲームに参加していないメンバーも声を上げて応援するなど、9人はチームワークの良さを披露。さらに「ラウール、実況して」など無茶振りを挟みつつ盛り上げた。普段から宮田と仲の良い佐久間からは「宮田くん、かっけーすわ」という一言も飛び出し、ゲーム経験があまりない宮舘涼太も気合いのライダースをアピールすることで笑いを誘い、頭脳派で知られる阿部亮平は得意のあざとカワイイ笑顔でゲームをプレイ。ランチのエピソードを覚えられていなかった渡辺翔太はこのチャンスに玉森にアピールした。また岩本照は「筋肉を生かすゲームなら任せて」と意志表明。終盤はいつの間にかラウールにゲームのコツを聞き、「集中すること!」がお約束に落ち着くパターンを完成させるなど、9人のコンビネーションの強さも見せつけ、ファンにはたまらない配信となった。

 これらの配信を見たファンからは、「応援するグループの登場が待ちきれない」と更新を楽しみにする声が相次いだ。

クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button