ゲームニュース

「ナーフ フォートナイト HEAVY SR」レビュー(Impress Watch)

【この記事に関する別の画像を見る】

 「HEAVY SR」は全長1メートルを超える対戦車ライフルのような大型のブラスター。ゲーム中では、かなり遠距離から敵を撃ち抜いたり、障害物を破壊したりと、スナイパー気分で運用できる。なので、この「HEAVY SR」を買えば、ゲームのように最強気分を味わえるハズ……なんだけど、そこは「弱体化」の代名詞であるナーフ。実際に撃ってみないと、どれくらいのパワーかわからないよね。

 しかも、お値段が1万円くらいするのが悩みのタネ。そこで、今回は自称ナーフコンシェルジ ュの「さいとうよしかず」が、実際に撃ってレビューしてみたいと思う。

■ 「ナーフ(NARF)」と親和性の高い「フォートナイト」とは?

 「フォートナイト」は最大100人のプレーヤーが「島」に上陸して生き残りをかけた戦いをする「バトルロイヤル」を繰り広げるオンラインシューティングゲーム。他のバトルロイヤルゲームと異なり戦闘中に建物を作ることができ駆け引きが広がっているところが大きく違う。カートゥーン風の雰囲気で小学生にも大人気だ。

 対戦するだけでなく、友人達と様々なアクティビティを楽しめる「パーティーロイヤル」、自由にルールやコンテンツが作れる「クリエイティブ」、協力して敵に立ち向かう「世界を救え」といったモードも用意されている。。ただ戦うだけでなく、レースをしたり、コンサートを見たり、モンスターを倒したり、楽しみ方はユーザーによって選べるのが嬉しい。

 そして、なんと、「Fortnite World Cup」という大会では、優勝者には300万ドル(約3億2,600万円)支払われるというから驚きだ。今からでも強くなって「フォートナイト王に俺はなる!」とかしたい感じ。

 まあ、夢を見るのはそれくらいにして、基本的にバトル要素の強いゲームなので、ナーフとの相性は最高にいい。実際、ナーフ系のサバイバルゲームに参加すれば、キッチュなデザインのブラスターや剣なんかの近接武器で戦っている人もいるので、フォートナイトを世界観そのまま現実にしたようなバトルが楽しめるかも! なので、せっかくならナーフのフォートナイトシリーズから発売されているブラスターで、戦いを挑むのもいいかもね。

■ 超巨大な「HEAVY SR」は組み立ても楽しめる

 「HEAVY SR」のパッケージはかなりデカイ。だが、ほかのナーフブラスターのように、完成品が入っているわけではなく、いくつかのパーツに分かれて同梱されている。つまり、これがどういうことかというと「映画とかでスナイパーが屋上でライフルを組み立てていく」ような、あのシーンを再現できるってことだ。これはかなり楽しい。組むときは無言で「慌てず急いで正確に」組んでいこう。

 パーツは、本体、バレル、スコープ、マガジン、ボルトの5つに分かれている。まず、本体にバレル部分を付ける。また、バレルの先端部分にあるマズルブレーキは、垂直になっているので、平行に戻そう。なお、バレルもマズルブレーキも、一度挿したり動かしたりすれば、ネジを外さない限り動かなくなる。

 そして、次にボルトを付けよう。ボルトはネジ式になっているので、いつもで外せる。昔のナーフはハメ殺しだったので、凄く助かる。ボルトを付けたら一度コッキングして、マガジンを挿し込む。コッキングしないとマガジンは入らないので、要注意だ。ボルトは引いたままではよくないので、戻した上でカラ撃ちしておこう。

 あまりカラ撃ちするのはよくないが、コッキングしたままバネを傷めるよりはましである。最後はスコープの装着。これが、一番燃えるかもしれない。完成すると、マジでデカイので大迫力なので、思わず顔が緩んでくる。

 なお、そのほかの内容物としては、メガダーツ6本と説明書が入っている。メガダーツというのは、通常のナーフで使われるエリートダーツよりも、ひと回り大きいダーツだ。弾が重いので、撃ちだすためにパワーは必要だが、撃ったあとは命中率など安定しやすい。

■ 惚れ惚れする「HEAVY SR」の外観

 では早速組みあがった「HEAVY SR」を見ていこう。まず、タイプとしては、完全に「対戦車ライフル」だ。大きさも、オモチャにしては1メートルを超えているし、グリップ部分もサイズは大きめだから手の小さい子供はキツイ。

 だが、大人ならこのサイズ感が、バレットやヘカートのオモチャを手に入れた気持ちになれるので超絶グッドである。特にデザイン的には、大型のマズルブレーキがメチャクチャパワフルでかっこいい。だから、可動式のバイポッドを広げて伏せ撃ち体制になり、スコープからターゲットを狙うと、何でも破壊できるようなパワーを感じるハズだ。

 なおオプションとしては、スコープしかついてこないが、タクティカルレールが本体以外にバレレ部分の上下に1つずつあるので、カスタムしたい人は使うといいだろう。ナーフはスコープやフォアグリップ、ライトなど様々なものをこのレールにつけられるが、対戦車ライフルだと何を付けるか悩むところかもしれない。どちらかというと、ちょっとバイポッドが貧弱なので、こちらを取り外し式にしてくれていたら交換したかったかも。とはいえ、1セットで全部そろう方が、ユーザーファーストでいいけどね。

 カラーリングは赤がベースなのでオモチャっぽさは残るが「レッドカモ」という迷彩仕様なのでミリタリー感もあるし、そもそもフォートナイトの世界観としては、こちらが正解だ! なお、フォートナイトコラボモデルは、ボディーに変なパースがついていたり、わざと傷跡ついていたりするが、それもない。だから、オモチャの皮をかぶった狼だとも言えるね。

■ トリガーを引いてシューティング!! 「HEAVY SR」をぶっぱなせ!

 さていよいよ実射である。コッキングしてマガジンを抜き、弾を争点しよう。通常、マガジンには弾の方向がわかるようにマーキングされているが、この「HEAVY SR」はマーキングはあるものの、色がついてないので注意が必要だ。

 マジックで塗っておくほうが、使い勝手は向上するだろう。マガジンを挿したら、ボルトを戻す。この弾がチェンバーに入る音が何とも言えず心地いい。もちろん、本物の銃じゃないから、弾が装填される音は聞こえないのだけど、ボルトを戻す時の可動音が脳内変換されて聞こえてくるんだよねー。

 そしてトリガーを引いてシューティング!! さすがに対戦車ライフルを撃ったような反動はないが「バチン!」という音がシビレる感じ。トリガープルはそれほど重くないので簡単にトリガーを引けるのも、使い込んだ愛銃のようでたまらない。2発、3発と続けて撃ってみると、メガダーツならではの弾着パワーを感じる。ものすごく伏せ撃ちしたくなったけど、狭い部屋ではできないので、ガマンガマン。とりあえず命中精度を見るために、立ったまま4、5発目を撃つ。なんとなく、若干左に寄るような気もするが、多少クセがでるのはしょうがない。

 というわけで、撃った感想としては大満足だ! 「ソードアートオンライン」のシノンや「天元突破グレンラガン」でヨーコが対戦車ライフルを撃っているのを見て「俺も撃ちてー」と思っていた夢が叶った気分だ。なお、6発以上ガンガン撃ちたいという人には、以前別記事で紹介したバズビー製ブラスターのマガジンなんかも流用できる。また分解しないと抜けないバレルを、本体加工でいつでも抜けるようにもできる。このあたりは、本記事の趣旨とは違うので詳しくは説明しないが、興味がある方は、僕のYouTubeチャンネルで詳しく公開しているので、参考にしてほしい。

■ そのほかのフォートナイトナーフ

 今回紹介した「HEAVY SR」以外にも、たくさんのコラボレーションモデルが発売されているので、ブラスターのタイプ別にオススメ商品をピックアップしておこう。実射シーンなどを見たい方は、僕のYouTubeチャンネル「軟撃GUN’S TV」のリンクを付けておくので、その楽しさを感じでほしい。

・グレネード:「ナーフ フォートナイト GL」

発売日:4月23日
価格:8,900円(税込)

 ナーフのメガミサイルを6発撃てるグレネードランチャーが「ナーフ フォートナイト GL」だ。フォアグリップをコッキングすることで発射するので、上手に撃つにはちょっとコツがいるが、スポ~ンとメガミサイルが飛んでいく姿は楽しさ満点。

・ショットガン:「ナーフ フォートナイト ポンプ SG」

発売日:2月19日
価格:4,900円(税込)

 ショットガン好きにオススメなのが、「フォートナイト ポンプ SG」。いかにもショットガンといったビジュアルで、メガダーツを撃ち出せる。装弾数が1発なのが難点だが、この一手間かかるところが、ショットガンなどアナログ銃の楽しさだと思う。

・ライフル:「フォートナイト BASR-L」

発売日:2020年9月1日
価格:6,999円(税込)

 ライフルタイプなら、本格的なボルトアクションも楽しめる「フォートナイト BASR-L」が最適。マガジン式のブラスターなので、ナーフ用のマガジンを使えば戦闘力もアップする。

・アサルトライフル:「フォートナイト AR-ダ―バーガー」

発売日:2020年3月14日
価格:8,460円(税込)

電動ブラスターで乱射したい!……というトリガーハッピーには、「フォートナイト AR-ダ―バーガー」というアサルトライフルがいいだろう。なんとなくAKっぽいフォルムのブラスターなので、ロックンロールを奏でることができるハズ!

・サブマシンガン:「フォートナイト SMG-E」

発売日:2019年11月15日
価格:4,500円(税込)

 サブマシンガンで機動力を確保しながら戦闘したい人には、「フォートナイト SMG-E」がある。どことなくイングラムを思わせる筐体で、思わず2丁持ちしたくなるくらいにカッコイイデザイン。付属の6連マガジンよりも大容量のマガジンを付けたら、もっとカッコイイかも!

・ハンドガン:「ナーフ フォートナイト HC-E」

発売日:2019年7月30日
価格:3,134円(税込)

 ハンドガンはたくさん出ているのだが、個人的にオススメなのが「ナーフ フォートナイト HC-E」だ。今回紹介した「HEAVY SR」と同様にメガダーツを撃つブラスターで、見た目はデザートイーグルっぽい筐体だから、凄くパワーを感じるナーフのひとつだろう。

というわけで、今回はフォートナイトとのコラボレーションナーフを紹介してきた。コラボナーフはキャラクターモデルなので、パワーが弱く感じるが、そこそこパワーもあるし、なによりバリエーションが豊富だ。だから、フォートナイトファンだけでなく、一般のトイガンファンにもぜひ手に取ってほしい。

HOBBY Watch,さいとうよしかず

クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button