エリアを指定
三重県立美術館で風景の企画展「パラランドスケープ」を開催 http://www.bunka.pref.mie.lg.jp/art-museum/000220999.htm

三重県立美術館で風景の企画展「パラランドスケープ」を開催

三重県立美術館では、2019年1月4日(金)~3月24日(日)の期間、企画展「パラランドスケープ “風景”をめぐる想像力の現在」を開催します。「パラランドスケープ(Para-Landscape)」展では、SNSやドローンなどのテクノロジーが発展する現代において、生の身体を通して“風景”と向き合う経験について考え直すことがテーマです。

ちなみに、「Para-」とは「~を越えて」あるいは「~とともに」「~にそって」を意味する接頭辞で、「Landscape」は「風景」や「風景画」のこと。アーティストたちが作りだす、それぞれの“風景”=パラランドスケープが、来場者の“風景”の概念を広げながら、想像力を膨らませてくれるはずですよ。

東海圏ゆかりのアーティストによる大規模展示

アーティストは東海圏にゆかりのある5名で、これまで独自の素材や方法、テーマを追求し、他には類を見ない作品世界を生み出してきた注目のアーティストたちです。公立の美術館での初めての大規模展示となっており、各作家は割り当てられた展示室(エントランスホール)にそれぞれの“風景”を構築します。

【アーティスト】
伊藤 千帆・稲垣 美侑・尾野 訓大・徳重 道朗・藤原 康博

“風景”に入り込む体感的な展示

展示作品の特徴は、各アーティストによるサイトスペシフィックな(空間を活かしたその場所限定の)展示です。展示室の空間を最大限に活かすことで、インスタレーション(空間展示)の周囲をめぐる・仮設小屋のなかに入る・展示台の迷路のなかを歩くなど、体全体で鑑賞することができる展示作品となっています。スケールが大きいダイナミックな展示だそうなので、とても見応えがありそうですね。

イベントに参加して作品の理解を深めよう

企画展「パラランドスケープ」の開催期間中はイベントも多数行われます。作品を見るだけでなく、制作したアーティストとの交流や学芸員による解説などを通して、もっと作品の理解を深めながら“風景”と向き合う経験をしてみてはいかがでしょうか?

アーティスト・トーク【要観覧券】
展示室にて出品アーティストによるそれぞれの作品についての話を聞くことができます。

【日時】
1月6日(日)・2月10日(日) 14:00~
【講師】
1月6日(日) 伊藤千帆・稲垣美侑・尾野訓大 
2月10日(日) 徳重道朗・藤原康博

ギャラリー・トーク【要観覧券】
パラランドスケープ展担当の学芸員が展示の見どころを解説します。

【日時】
2月3日(日)・2月23日(土)・3月16日(土) 14:00~(40分程度)

大人のための美術講座【聴講無料】
「“風景”のうつりかわり 印象派からインスタグラムまで」をテーマに、三重県立美術館学芸員による美術講座を行います。

【日時】
3月10日(日) 14:00~15:30
【講師】
貴家 映子(三重県立美術館学芸員)
【定員】
150名

事前申込が必要なイベントは2つ

三重県立美術館のウェブサイトから電子申込フォームによる事前申込が必要なイベントです。参加費無料ですが、応募者多数の場合は抽選となりますのでご注意ください。

ワークショップ「記憶の山をつむぐ」【事前申込】
いつも見ている山・思い出の山・想像上の山など、自分の記憶にある山をイメージして山の絵を描いた後、最後に参加者が描いた山の稜線をつなげて風景を作ります。

【日時】
2019年1月26日(土) 14:00~
【講師】
藤原康博(パラランドスケープ展出品作家)
【対象】
小学生以上
【定員】
20名

春分の日の風景さんぽ【事前申込】
津市出身のアーティストと一緒に、三重県立美術館とその周辺である津のまちを散歩して、新しい風景の見方、見え方を探しにいきます。

【日時】
2019年3月21日(木・祝) 13:00~
※小雨決行。悪天候の場合の予備日は23日(土)
【講師】
片山一葉(津市出身作家)・尾野訓大(パラランドスケープ展出品作家)
【対象】
小学4年生以上(小学生は保護者同伴)
【定員】
12名

挑む浮世絵 国芳から芳年へ

歌川国芳や弟子たちの浮世絵を名古屋市博物館で展示「挑む浮世絵 国芳から芳年へ」

ココもポイント!

「パラランドスケープ」では、三重県内の風景も作品に活かされています。アーティストの徳重道朗さんは、伊勢と熊野のあいだの海岸線にある集落に着目して、その独自の文化や歴史、風景の変遷をもとに作品を制作、稲垣美侑さんは鳥羽市の離島をめぐった経験を絵画化しました。一体どのように風景を表現したのか、ぜひその目で確かめてみてくださいね。

EVENT DATA

パラランドスケープ “風景”をめぐる想像力の現在

期間
2019年1月4日(金)~3月24日(日)
場所
三重県立美術館
(三重県津市大谷町11番地)
金額
【観覧料】
一般 800円
学生 600円
高校生以下無料

・この料金で常設展示室、柳原義達記念館もご覧いただけます。
・学生の方は生徒手帳、学生証等をご提示ください。
・障害者手帳等をお持ちの方および付き添いの方1名は観覧無料。
・毎月第3日曜の「家庭の日」は団体割引料金となります。
公式サイト

最近のお知らせ

もっと見る

「アムール・デュ・ショコラ2019」の攻略法はこちら!

「コスモール2018冬」写真付きレポート公開中!

「MINIATURE LIFE展 名古屋」に行ってきた!

2018年のハロウィンは何をする!?

におい展 大阪のチケットをプレゼント!

関連イベント

時を超えた美しさ「超技の世界 ―瀬戸焼・美濃焼・名古屋絵付など―」

愛知

時を超えた美しさ「超技の世界 ―瀬戸焼・美濃焼・名古屋絵付など―」

開催中

石好きにはたまらない!吹上ホールにてなごや石フェス開催!

愛知

石好きにはたまらない!吹上ホールにてなごや石フェス開催!

開催まであと58日

絵筆で人々を救う。名古屋生まれの奇僧・月僊(げっせん) 展覧会

愛知

絵筆で人々を救う。名古屋生まれの奇僧・月僊(げっせん) 展覧会

開催中

あいちトリエンナーレ2019 今回のテーマは「情の時代」! が2019年8月から開催

愛知

あいちトリエンナーレ2019 今回のテーマは「情の時代」! が2019年8月から開催

開催まであと197日

北の大地に初上陸!北海道で東山魁夷の集大成「唐招提寺御影堂障壁画展」が開催!

北海道

北の大地に初上陸!北海道で東山魁夷の集大成「唐招提寺御影堂障壁画展」が開催!

開催まであと143日

タグで探す

現在開催中

「石原裕次郎の軌跡」展が名古屋で開催!内容をちょっとだけ見せちゃいます

「石原裕次郎の軌跡」展が名古屋で開催!内容をちょっとだけ見せちゃいます

インスタ映え抜群のデザートビュッフェ「苺コレ2019」in ヒルトン名古屋

インスタ映え抜群のデザートビュッフェ「苺コレ2019」in ヒルトン名古屋

お姫様気分でいちごスイーツを堪能しよう! 「プリンセス・シンデレラのストロベリー舞踏会」

お姫様気分でいちごスイーツを堪能しよう! 「プリンセス・シンデレラのストロベリー舞踏会」

最新のお知らせ

「アムール・デュ・ショコラ2019」の攻略法はこちら!