450年続く夏の伝統祭!愛知・三河一色大提灯まつり

http://www.katch.ne.jp/~suwa-jinja/reisai.html

450年続く夏の伝統祭!愛知・三河一色大提灯まつり

愛知県西尾市の夏の風物詩「三河一色大提灯まつり」が2018年8月26日(日)、27日(月)に三河一色諏訪神社で開催される。全長6~10メートルの巨大提灯6組12張が掲げられる、四百数十年の歴史を誇る伝統祭。

三河一色大提灯まつりの起源

今から遡ること450年。会場である三河一色諏訪神社は、永禄(1558~69年)に、長野県の諏訪大社から御分霊を勧請し、一色の諏訪大明神として祭ったと伝わる。

かがり火から始まった祭り
そのころ、毎年夏から秋にかけて海魔(かいま)が現れ、田畑を荒し、人畜に危害を加えていた。そこで村人たちは神前に魔鎮(ましずめ)の剣を供え、大かがり火をたき、海魔退散を祈願し、海魔を退散した。

以後、毎年祭りの神事として、かがり火を炊くのが習わしとなる。これが三河一色大提灯まつりの起源といわれる。

かがり火から提灯へ
寛文(1661~72年)のころに、かがり火を焚くことが不便だということで、提灯をつくり、献灯するようになった。提灯を支える柱は二本柱から三本柱へ、提灯の大きさは全長4メートルのものから最大10メートルのものへと進化していった。

祭りのピーク、献燈祭(火入れ式)

26日の午後7時、各組の代表がお祓いと御神火(ごじんか)を受ける。大提灯の下で大ろうそくに御神火を移して献灯し、午後8時頃には全ての提灯にろうそくが吊るされる。この時にまつりのピークを迎え、境内は多くの人々で溢れる。ろうそくの入った後の大提灯の幻想的な灯りは必見。

午後11時までろうそくの火が焚かれ、27日午後5時「あげ神楽」を合図に降納され、祭りが終了。

ギネス記録!11メートルの巨大提灯「三好大提灯まつり」

愛知県みよし市の三好稲荷閣(みよしいなりかく)では、昨年夏に世界一大きい提灯としてギネスに登録された「三好大提灯まつり」が2018年8月18日(土)、19日(日)に開催されるので、こちらもぜひ足を運んでほしい。

アクセス

電車の場合
・名鉄「西尾」駅から名鉄東部交通バスに乗り換え
「一色大宝橋」バス停下車。徒歩約5分
・名鉄「碧南」駅or「吉良吉田」駅から、ふれんどバスに乗り換え
「大宝橋」バス停下車。徒歩約5分

車の場合
東名高速道路「音羽蒲郡IC」より約50分

駐車場
無料(約1,600台)

開催地 愛知県

愛知県の今日行きたいイベントをアーカイブ!!過去のイベントからこれから開催されるイベントまで 「愛知県」開催のイベントをアーカイブしたページです。

EVENT DATA

西尾市 三河一色大提灯まつり

期 間 2018年8月26日(日)~8月27日(月)
場 所 三河一色諏訪神社
(西尾市一色町一色宮添129)
金 額 参加無料

オススメイベント