美術作品から明治時代を振り返る!「明治150年展」

http://www.kenbi.pref.gifu.lg.jp/page5533.php

美術作品から明治時代を振り返る!「明治150年展」

みなさん、ご存知の通り今年は平成最後の年ですね。

平成の30年間もいろいろな出来事がありましたね。

今年は、いろいろと平成の思い出に浸るなんて場面も多くなるかもしれませんね。なんだか寂しい想いになりますね。

そして、もうひとつ2018年は大きな節目の年なんです。なんだか分かりますか?

答えは、明治元年(1868年)から起算して満150年、つまり明治維新からちょうど150年なんです。知っていましたか?

平成最後の年と、明治元年から150年が一緒の年なんてなにか運命的なものを感じてしまいますね。

そして、明治時代といえば、海外から多くの文化や、技術が日本へ一気に入ってきました。海外から多くの知識や技術を吸収し、活かしつつ、西洋の真似ではなく、日本の良さや伝統を活かした独自の文化が、日本で生まれました。それは、美術や芸術の分野でも同じです。

岐阜県美術館では、「明治150年」を記念した特別展「明治150年展」を、5月18日(金)から7月8日(日)までの期間開催します。

■みどころ

明治になり、鎖国から一気に解放され、近代化へと動き出した日本。本展では、その激動の時代に活躍していた近代洋画の先駆者・山本芳翠(やももとほうすい)の作品を中心に、明治期に日本で描かれた作品とフランスで描かれた作品およそ100点をパノラマ展示します。

山本芳翠は、およそ10年間ヨーロッパへ滞在し西洋における伝統的な絵画技法(油彩技法)を学んで帰国し、日本にその技術を広めた人物。彼の作品の特徴は、一見すると洋画のように思えますが、ところどころに日本らしいテイストも盛り込まれており、日本と西洋の良い部分が融合した味わい深い作品を多く残しています。

本展では、彼の作品のほか、ゆかりのあるフランスの作家たちの作品、、同時代に活躍した日本人作家の作品なども並びます。

様々な文化が混在し、時計の針が動き出した激動の時代「明治」。
ぜひ、美術館で、美術作品を眺めながら、明治時代について、考え、学んでみてはいががですか?

ナイスな情報【気になるアクセスはコチラ】

名鉄岐阜駅・JR岐阜駅より
岐阜バス「鏡島市橋線」「市橋」行に乗車、『県美術館』バス停下車 徒歩3分
岐阜バス「加納島線」「OKBふれあい会館」行に乗車、『江添』バス停下車 徒歩10分

開催地 岐阜県

岐阜県の今日行きたいイベントをアーカイブ!!過去のイベントからこれから開催されるイベントまで、「岐阜県」開催のイベントをアーカイブしたページです。

EVENT DATA

明治150年展

期 間 2018年5月18日(金)~7月8日(日)
場 所 岐阜県美術館
(岐阜県岐阜市宇佐4丁目1-22)
金 額 一般 330円
大学生220円
高校生以下無料

オススメイベント