ROCK FILL JAM in ala 2018が開催!ヤイリギターも試奏できる!

http://rf-jam.com/

ROCK FILL JAM in ala 2018が開催!ヤイリギターも試奏できる!

「フェス」と聞くと「ロックフェス」だと思うでしょう。広大な公園にいくつもステージがあり、それぞれのステージでバンドやDJたちが入れ替わり立ち替わりパフォーマンスを見せる。しかし、そのフェスの形は多様化し、新しいフェスの形も続々と登場し始めた。

岐阜県可児市で開催される「ROCK FILL JAM in ala」(ロックフィルジャム)も、そんなロックフェスのひとつである。このイベントは、音楽ライブを軸にクリエイターによるマルシェ、楽器試奏体験、フード、映画上映を楽しめるフェス。今回はそんなROCK FILL JAM in alaの魅力をお伝えしよう

【みんなで作るフェス】

このイベントが開催される岐阜県可茂地域はライブハウス・ライブスペースが多いわけでもなく、音楽文化が盛んであるとは言えない土地。しかし、そんな土地だからこそ「自分たちの住むまちに、どんな境界線もなく誰もが気軽に音楽を楽しめるような場所が欲しい」。そんな地域住民の思いを形にしたイベント。

そのため、スタッフたちは「仕事」として運営しているのではなく、地域で暮らす音楽好きが集まった「有志」。「自分たちの住むまちに、自分たちの手で音楽のまつりを作る」。そんなアツい思いが詰まったイベントなのだ!

今年2018年の開催で決まっていることは少ないため、昨年の様子をもとに解説していこう。

【◆10組以上が出演するライブステージ

合計4か所のステージは竹あかりや段ボールアートで装飾された手作り感満載かつお洒落な空間。様々な年齢層の人が思い思いに楽しみながら音楽を聴き、ローカルだからこその暖かみのあるライブを演出した。今年の出演者はコチラ!

【2018年出演者】
・鈴木実貴子ズ
・鍵穴
・ジョニー大蔵大臣(水中、それは苦しい)
・CRICKET QUARTET
・ヤドサガシ
・佐藤嘉風
・万作theBAND
・GoodiesBoogie
・碧みき
・チャヤ・アズナブル (WHITE/BLACK)
・ベッドサイドフィクションズ
・蛯名 桂 (Brownie)
・T.B.J
・STILLMATICS(bobkut&fune)
・はらたけ三重奏
・ryosei (Brownie)

【◆世界に誇る2大ギターメーカーの試奏体験】

実は、木曽川沿いには長く楽器製作を行ってきた歴史があり、可児にはヤイリギターとゼマイティス(神田商会)という世界で愛されるギターメーカーが2つも存在。これら両ブランドのブースがあり、世界のプロミュージシャンたちが愛するギターを試奏することができる。

【◆マルシェ・飲食店】

マルシェは最近人気急上昇中のコンテンツで、フェスと同時開催されるケースも増えてきている。「ROCK FILL JAM in ala」のマルシェでは、手作りのアクセサリーや雑貨などが出店。どれもクオリティが高く、子供が遊べるものもたくさん。昨年からは、フードにも力を入れており、地元の美味しいものを集めている。人気だった角煮丼のようなガッツリ飯から片手で食べられる軽食、こだわりの珈琲などが振舞われた。お酒の販売もあったのは嬉しい限り!

【◆映画の上映会】

昨年上演されたのは、地元バンドも出演した各務原のまちおこし映画「光射す」。上映後にはトークショーも開催された、可児市ふるさと広報大使の塚本あかりさん司会のもと、監督・キャストも壇上に登場し、制作の裏話などを語った。

【まとめ】

他にも「みえる。音展」という音にまつわるアート展や「Welcome to A.G Town vol.28」という世界中で愛されるヤイリギターを製造するまち 可児として開催しているライブシリーズも同時開催!

音楽を軸に可茂地域をもっと楽しく!おもしろく!という想いのもと、年々規模を拡大していくこのイベント。ぜひ遊びに行ってみよう!

【「みえる。音展」出展者

木全 靖陛/画家、陶壁家(岐阜県多治見市)
TOMASON(Kaito Takano)/岐阜県出身東京在住
宮崎はこ/絵描き・デザイナー(多治見市在住)
eerie-eery/造形作家(名古屋・大阪・東京を中心に活動)
アヤゾンビ/25歳独身女性
yukino.o/岐阜・愛知を中心に活動
雨本洋輔/イラストレーター・映像作家(可児市出身)
黒山史朗/フォトグラファー(岐阜県生まれ)
akimichi/岐阜県可児市を拠点に活動中
五藤ひろみ/僧侶(可児市を中心に活動)

【ナイスな情報【日本を代表するギターブランド“ヤイリギター”】

ヤイリギターは、岐阜県可児市にあるアコースティックギターの製造会社。ポール・マッカートニー、デヴィッド・クロスビー、グラハム・ナッシュ、リッチー・ブラックモア、カルロス・サンタナなどの欧米のミュージシャンが使用している他、日本国内でも評価が高まり、浅井健一、長渕剛、向井秀徳、GLAY、BEGIN、桑田佳祐、松本孝弘、矢井田瞳、エレファントカシマシ、なども使用しているという。

開催地 岐阜県

岐阜県の今日行きたいイベントをアーカイブ!!過去のイベントからこれから開催されるイベントまで、「岐阜県」開催のイベントをアーカイブしたページです。

EVENT DATA

ROCK FILL JAM in ala 2018

期 間 2018年8月5日(日)
場 所 可児市文化創造センターala
(岐阜県可児市下恵土3433-139)
金 額 入場無料

オススメイベント