静岡美術館限定の作品も展示!静岡市美術館で『ミュシャ展 運命の女たち』が開催

http://shizubi.jp/exhibition/future_180602.php

静岡美術館限定の作品も展示!静岡市美術館で『ミュシャ展 運命の女たち』が開催

アール・ヌーヴォー時代の旗手・ミュシャの展覧会『ミュシャ展 運命の女たち』が開催

■静岡美術館でアール・ヌーヴォーを代表する芸術家、ミュシャの展覧会が開催

静岡県静岡市の美術館・静岡美術館にて、アール・ヌーヴォー時代の旗手「アルフォンス・ミュシャ」の展覧会『ミュシャ展 運命の女たち』が2018年6月2日(土)~7月15日(日)の期間開催します。

ミュシャといえば繊細で優美な作品を描くことで世界的に有名な芸術家ですが、本展ではタイトル通りミュシャが描き、縁のある女性たちにフォーカスを当てた展示内容となっています。

貴重な素画や挿絵の原画、油彩画やポスター、装飾品などの作品約150点が本展にて展示されます。

ミュシャの初期のころの作品や晩年故郷に尽くした作品まで、ミュシャの生涯を追いかけるかのような展示構成でお楽しみいただくことができます。

また、本展ではミュシャの作品以外にも、ミュシャの作品について一歩理解を深めることができる講演会や、参加して楽しいイベントやワークショップなども開催します。

是非ご家族やお友達、カップルで『ミュシャ展 運命の女たち』へお出かけください!

■巨匠・ミュシャの描いた「女性たち」に焦点を当てた展示内容

ミュシャの出世作となった「ジスモンダ」や有名な作品が展示

本展では、誰もが知るミュシャの代表作の数々や、ミュシャが売れっ子の芸術家となったきっかけの作品「ジスモンダ」など貴重な作品が展示されます。

どの作品も、ミュシャと縁があった“女性”がモチーフとなっており、ミュシャの人生において深い意味のある女性が描かれています。

『ミュシャ展 運命の女たち』では、ミュシャの作品を紹介すると同時に、作品に描かれた女性とミュシャの関係性においてもご紹介。

ミュシャの作品を彩った女性たちに焦点を当てて、ミュシャ芸術をご紹介します。

静岡市美術館でしか見られない作品も特別に展示

本展ではなんと、他の場所での開催では見ることができないミュシャの作品が約100点展示!

貴重なOGATAコレクションをご覧いただくことができます。

このOGATAコレクションの展示は、本展でのみ展示・観賞できる特別な展示となっております。

他の美術館での『ミュシャ展 運命の女たち』では見られない、静岡市美術館限定の特別展示を是非ご覧ください。

『ミュシャ展 運命の女たち』の見どころ4点のご紹介

1.初期の貴重な素画から晩年の作品まで、ミュシャの一生を感じる作品が展示

『ミュシャ展 運命の女たち』は、4章に構成されており、初期の幼少期・芸術家として歩み始めたころの作品や、パリでの全盛期、アメリカでの活躍、故郷に尽くした晩年に分けてミュシャの作品を紹介します。

まるでミュシャの人生を辿るかのような展示構成で、ミュシャの作品だけでなく「彼がどのように作品を制作し、生きてきたか」を感じ取ることができそうです。

流れるような女性の髪の毛、手や顔の表情など、ミュシャの魅力的な作品はもちろんのこと、初公開作品となる貴重な素画・少女と鳩(1839年)など、貴重な作品も展示されますので、是非じっくりとご鑑賞ください。

2.ミュシャの出世作!サラ・ベルナールのポスターは注目作品

数多くのポスターを制作したミュシャの作品の中でも、ミュシャの出世作となった女優、サラ・ベルナールの劇場ポスター「ジスモンダ」はやはり注目したい作品です。

高さ2mを越える大きなポスターは、迫力のある美しさを感じさせてくれます。
一夜にして現れたミュシャのこの「美しすぎるポスター」に当時のパリっ子たちは度肝を抜かれたのではないでしょうか…。

現代でもポスターで描かれた装飾の美しさ、高いデザイン力で多くの人を魅了したポスターは必見です。

3.古典的に描かれた装飾パネルの4点同時展示でミュシャの画力を見よう

本展では、珍しい装飾パネルを4点同時に展示されます。

ミュシャといえばデザイン力の高い作品が有名ですが、初期のころは有名なミュシャの作品とは対照的ともいえる、古典的な表現で描かれた作品も制作していました。

見ていると「あれ?!」と少し驚いてしまうくらい、私たちの知るミュシャと雰囲気が異なる装飾パネルが、4枚同時に展示されるのは珍しい機会ともいえます。

4.静岡展特別出品!OGATAコレクションが展示

静岡市美術館限定!ミュシャのコレクターとして知られる尾形氏のコレクションが本展にて特別に展示されます。

アール・ヌーヴォーのパターンの教科書として知られる「装飾資料集」全72点を含む100点を静岡市美術館でご覧になることができます。

パッケージデザインや装飾パネルなど、他の会場では見ることができない貴重なコレクションの数々をご鑑賞いただけます。

関連イベントも多数開催!

1.プレミアムフライデースペシャルトーク「コレクターから見たミュシャ」

開催日:2018年6月29日(金)

6月最後の金曜日は、OGATAコレクション所蔵者である尾形氏をゲストに招き、コレクターの視点からミュシャの作品、そして魅力についてトークしていただきます!

こちらのイベントは事前に公式サイトまたはハガキにて申し込みする必要があります。詳しくは公式サイトにてご確認ください。

2.3日間限定で開催!ミュシャ展×ビール

日時:2018年6月29日(金)~7月1日(日)

静岡市美術館のカフェコーナーにて、プレミアムフライデー特別企画としてミュシャ展に因んだビールを提供します。

ミュシャ展ご鑑賞の後に、一杯美味しいビールを味わってみてはいかがでしょうか。

3.学芸員によるスライドトークも開催

日時:2018年6月16日(土)、7月8日(日)
会場:多目的室

静岡市美術館の学芸員による、本展の見どころをスライドで解説します。より深くミュシャの作品のことを知ることができそうですね!

こちらは参加無料で、事前申し込みは不要となります。

当日直接会場へお越しください。

※時間につきましては公式サイトにてご確認ください。

4.講演会「装飾家としてのミュシャ、画家としてのミュシャ」

日時:2018年6月23日(土)
会場:多目的室

『ミュシャ展 運命の女たち』の監修者である古谷可由氏を講師に招き、「装飾家としてのミュシャ、画家としてのミュシャ」をテーマに講演会を行います。

こちらのイベントは事前に公式サイトまたはハガキにて申し込みする必要があります。詳しくは公式サイトにてご確認ください。

5.【ワークショップ】しずびチビッこプログラム

日時:2018年7月1日(日)
会場:ワークショップ室可 料金:500円
対象:2歳以上の未就学児

2歳以上の未就学児を対象に、ワークショップとしてアート体験プログラムを開催します。

このワークショップは子どもだけが受けることができる内容で、保護者の見学や付き添いは不可となっています。
素敵な体験をお子さんにプレゼントしてみませんか?

こちらのイベントは事前に公式サイトまたはハガキにて申し込みする必要があります。詳しくは公式サイトにてご確認ください。

開催地 静岡県

静岡県の今日行きたいイベントをアーカイブ!!過去のイベントからこれから開催されるイベントまで、「静岡県」開催のイベントをアーカイブしたページです。

EVENT DATA

ミュシャ展 運命の女たち

期 間 2018年6月2日(土)~7月15日(日)
場 所 静岡市美術館
(静岡市葵区紺屋町17-1葵タワー3F)
金 額 一般 1,000円(800円)
大高校生・70歳以上 700円(500円)
中学生以下 無料
※()内は前売り、20名以上の団体の場合の料金です。

オススメイベント