丸栄の歴史を振り返る 「丸栄のあゆみ パネル展 – 伝えたい記録、残したい記憶 -」

http://www.maruei.ne.jp/

丸栄の歴史を振り返る 「丸栄のあゆみ パネル展 – 伝えたい記録、残したい記憶 -」

名古屋の老舗百貨店・丸栄にて「丸栄のあゆみ パネル展 - 伝えたい記録、残したい記憶 -」が5月17日(木)から6月30日(土)まで開催されます。

ご存知の方も多いと思いますが、丸栄は6月30日(土)をもってその歴史に幕を閉じます。長年、名古屋の中心地である栄のシンボルとして人々に親しまれてきた百貨店だけに本当に寂しいですね。

丸栄の歴史はかなり深く、丸栄が創業したのは1615年のこと。丸栄の前身となる「十一屋呉服店」が名古屋で創業しました。江戸幕府の開府したころに誕生したことになるので、そう考えるとすごいことですね。
その後、戦時の企業整備令に基づく百貨店整理統合により、「十一屋」と「三星」が合併し、昭和18年8月27日現在の「丸栄」が誕生しました。

江戸、明治、大正、昭和、平成と長い年月を多くの人々ともに歩んできた丸栄。当展では、そんな丸栄の創業からの403年の歴史を振り返る回顧展となっています。1615(元和元)年の創業から現在に至るまでの軌跡をパネル中心に、広告物やポスター、カタログや手提げ袋などの販促物などで振り返ります。

どの時代のどのパネル写真にも、笑顔が溢れています。眺めているこちらまで自然に笑顔になる作品ばかりです。丸栄のこれまでの重い歴史を振り返り、時代とともに歩んできた丸栄の姿をぜひ、この機会にご堪能ください。
また、1970年代・80年代・90年代それぞれの復刻制服を含む女性店員の制服8着も展示されます。制服も時代の流れによって様々に移り変わっていっています。当時を思い出しながら、丸栄の余韻に浸るのもいいですね。

そして、会場にはゴールデンウィーク期間中に撮影した来客者と従業員の笑顔の写真およそ4万枚で制作した現在の丸栄と昭和20年代の十一屋を並べたデザインのモザイクアートも展示。

また、こちらのコーナーではデザインの元になったジオラマも見ることができます。丸栄が最後に贈るお客様への感謝を込めた作品になります。こちらもぜひお楽しみください。

いつの時代も人々を喜ばせてきた老舗百貨店・丸栄。この最後の機会に丸栄をパネルで歴史を振り返ったり、懐かしんだり、思い出してみるのも素敵ですよ。入場無料なので、丸栄で買い物がてら、ぜひお立ち寄りください!

■恒例のマルエイ屋上ビアガーデンも開催中!

丸栄では、毎年恒例のマルエイ屋上ビアガーデンも絶賛開催中です!
こちらも残念ながら今年で見納めなので、ぜひ、最後の思い出にマルエイ屋上ビアガーデンでも楽しんじゃいましょう!

[マルエイ屋上ビアガーデンに関してはこちらでチェック! ]

マルエイ屋上ビアガーデンに関してはこちらでチェック!
画像をクリックで記事が開きます。

開催地 愛知県

愛知県の今日行きたいイベントをアーカイブ!!過去のイベントからこれから開催されるイベントまで 「愛知県」開催のイベントをアーカイブしたページです。

EVENT DATA

丸栄のあゆみ パネル展 - 伝えたい記録、残したい記憶 -

期 間 2018年5月17日(木)~6月30日(土)
場 所 丸栄 7階特設会場
(愛知県名古屋市中区栄3-3-1)
金 額 入場無料

オススメイベント