熱海海上花火大会は一見の価値アリ!日本一×日本一×日本一

https://www.ataminews.gr.jp/event/8/

熱海海上花火大会は一見の価値アリ!日本一×日本一×日本一

夏の風物詩「花火大会」。シーズンには毎週のように、どこかで花火が打ち上がる。

花火大会の数全国1位の県

夏場の納涼花火大会の開催数がもっとも多いのが静岡県。その数なんと約150!もちろん小規模な打ち上げも含まれているが、静岡には優秀な煙火業者数多くあるため、小規模だろうがそのクオリティはハイレベル!

そして・・・

年間通算打ち上げ数全国1位

1つの花火大会において打ち上げる花火の数のランキングだが、実はこれも静岡県の花火大会が第1位。それが熱海海上花火大会。この花火大会は夏に最低5回、春と秋に3回ずつ、冬場に3回開催されているため、全国でも随一の数!

静岡県民は、花火大会が大好きなのだ!

2018年の開催スケジュール

(春)1/14(日)・2/12(月祝)・4/14(土)・4/22(日)・5/12(土)・5/27(日)・6/3(日)・6/17(日)
(夏) 7/27(金)・7/31(火)・8/5(日)・8/8(水)・8/19(日)・8/24(金)・8/30(木)
(秋) 9/17(月・祝)
(冬) 12/9(日)・12/16(日)

花火業者も絶賛!最高の立地条件

さて、なぜ熱海でそんなに花火を打ち上げるのか?それは、花火師が”日本一”と太鼓判を押すほどに、熱海の花火打上げ会場は最高の立地だからだ!

熱海という場所は、三面を山に囲まれた「すり鉢」状の地形。そのため、海で上げる花火の音が反響し、まるで大きなスタジアムのような音響効果がある!その花火を近くで見れば、体にまで”ドーン”と音が伝わってくる。「見るだけでなく、体感できる」。これこそ熱海海上花火大会最大の魅力なのだ!

そしてフィナーレを飾るのが、名物「大空中ナイアガラ」。他のナイアガラと圧倒的に違うのは、仕掛け花火ではなく、会場全体からスターマインも打ち上げるところ!銀色の花火が夜空を埋め尽くし、まるで昼間のように明るく輝くという。しかも、2つの業者が交互に打ち上げを担当し、同じ業者でも担当日によって演出を変えているので一日として同じ打ち上げの日はないのも見所の一つ。

夏のバカンスにオススメ

熱海といえば、日本有数のリゾート地。花火に合わせて、熱海でバカンスとしゃれ込むのもオススメ。無論、熱海にあるほとんどのホテルの窓から花火が見られるので安心だ!

ナイスな情報【オススメリゾートホテル】

花火を見るのに最適なリゾートが『リゾナーレ熱海』。なぜオススメかって?公式HPを見てもらえれば一目瞭然!大金払ってでも予約したくなること間違いなしです!

【リゾナーレ熱海の詳細】

[アロハなフェスティバルも開催!!]

アタミアロハフェスティバル2018
画像をクリックで記事が開きます。

開催地 静岡県

静岡県の今日行きたいイベントをアーカイブ!!過去のイベントからこれから開催されるイベントまで、「静岡県」開催のイベントをアーカイブしたページです。

EVENT DATA

熱海海上花火大会

期 間 5月27日(日)6月3日(日)6月17日(日)
7月27日(金)7/31日(火)8月5日(日)8月8日(水)
8月19日(日)・8月24日(金)・8月30日(木)
9月17日(月・祝)12月9日(日)・12/16日(日)
場 所 打上げ会場:親水公園
(静岡県熱海市渚町2018−8)
金 額 参加無料

オススメイベント