「第72回 海の日名古屋みなと祭」3000発の花火にパレード、屋台も

http://www.nagoya-port-festival.com/

「第72回 海の日名古屋みなと祭」3000発の花火にパレード、屋台も

名古屋港の夏の風物詩「第72回 海の日名古屋みなと祭」が2018年7月16日(月)の海の日に名古屋港ガーデンふ頭一帯で行われる。マーチングバンドや山車、総おどりなどのほか3000発近くの花火が上がる花火大会も。

圧倒的な露店数

開催期間中は、地下鉄「築地口駅」から「名古屋港駅」までの区間の道路を封鎖し、山車・流しおどりやパレードの通り道になる。また、たこ焼きや、焼きそば、フランクフルト、かき氷、ビールなどの出店がならび、道路一帯が来場者で埋め尽くされる。また、近隣のコンビニも祭り仕様になり、店舗外でのドリンク販売もある。値段も安く、出店で並ぶよりも早く買えることもあるので、混雑時にはおすすめ。

祭りのフィナーレ「花火大会」

「海の日名古屋みなと祭」を締めくくる花火大会。名古屋港の夏の風物詩として定着し、10号玉をはじめとした迫力満点の大玉花火連続打上げや、一般から募集したメモリアル花火、芸術性豊かな創作スターマインが夜空を彩る。

会場に多数設置されたスピーカーから流れる音楽とシンクロして打上がる「メロディー花火」で、フィナーレを迎える。名古屋港水族館よりも南に歩いたところにある緑地は地下鉄駅から少し離れるため、人も少なくスペースに余裕がある。

海の日名古屋みなと祭について

1946年(昭和21年)に、戦後の復興祭および名古屋港の発展を祈念して始まり、毎年7月第3月曜日の海の日に開催される。例年約40万人近くが訪れ、海岸で行われる「筏師一本乗り大会」や、マーチングバンド、和太鼓・芸能まつり、ジャズコンサート、山車・流しおどり、総おどり、各種パレードなどが行われる。夜に行われる花火大会では、約3000発の花火が打ち上げられ、祭りのフィナーレを迎える。

アクセス

車は停める場所がないので移動は公共交通機関を使おう。地下鉄「築地口駅」もしくは「名古屋港」で下車。築地口で降りて、名古屋港まで屋台を抜けていくのがオススメ。

開催地 愛知県

愛知県の今日行きたいイベントをアーカイブ!!過去のイベントからこれから開催されるイベントまで 「愛知県」開催のイベントをアーカイブしたページです。

EVENT DATA

名古屋みなと祭花火大会

期 間 2018年7月16日(月)
場 所 名古屋港ガーデンふ頭
(名古屋市港区港町)
金 額 参加無料

オススメイベント