ネオシティポップバンドceroワンマンツアー

http://cero-web.jp/category/live/

ネオシティポップバンドceroワンマンツアー

近年、音楽界を席巻している新しいムーブメントが「シティポップ」と呼ばれるジャンル。

最近よくこの言葉は聞くけど、一体どんなジャンル?という方のために簡単に説明します。

シティポップとは・・・

主に1970年代後半から1980年代に流行した、都会的なイメージを前面に出したポップスを指します。ムード歌謡をよりポップで現代的にしたものや、高年齢層へのアピールを強く意識したソフトなロックなどの総称。
そして、ここ数年、注目を集めているのが、「ネオ・シティポップ」と呼ばれるアーティストたち。80年代一世風靡した「シティポップ」に対して、より新しくて、洗練されたポップスのことを指します。

ここ最近、巷で流行っている「ネオ・シティポップ」と呼ばれるアーティストたちの奏でる音楽は、オシャレでとにかくかっこいい。
でも、80年代のテイストも盛り込まれているので、どことなく懐かしくノスタルジックな雰囲気も醸し出しています。若い世代だけでなく、お父さんお母さん世代も聴いてみると案外ハマっちゃうかもしれませんよ。

そして、そんな「ネオ・シティポップ」の代表格ともいえるバンドが「cero(セロ)」です。「cero(セロ)」は、髙城 晶平(ボーカル&ギター)・荒内 佑(キーボード&コーラス)・橋本 翼(ギター&コーラス)からなる3人組バンド。

バンド名は、Contemporary Exotica Rock Orchestra(コンテンポラリー エキゾチカ ロック オーケストラ)の頭文字から命名。彼らの代表的な曲は、「Summer Soul」や「大停電の夜に」、「Yellow Magus」などがあります。どの曲も聴きやすく、都会的でオシャレ。まさに「シティポップ」を体現しているバンドです。

そんな彼らのツアー『「POLY LIFE MULTI SOUL」発売記念全国ワンマンツアー』が開催されます。名古屋では、6月15日(金)名古屋 DIAMOND HALLで行われます。

今回のツアーは、文字通り5月16日(水)にリリースされるceroにとって、約3年ぶりのオリジナルアルバム「POLY LIFE MULTI SOUL」を引っ提げて行うもの。ファン待望のアルバムだけに、今回のツアーも期待して、楽しみに待ちたいですね。
ceroは、ライブにも大変定評があります。自然と体が動き出してしまうような心地良いビートと、歌声に、踊りたくなっちゃいますよ。オシャレでスマートなライブにもぜひ、足を運んでください。 その前にまずは、ニューアルバム「POLY LIFE MULTI SOUL」をしっかりと聴きこんで、ライブに臨んでください!

会場の名古屋ダイアモンドホールについて

名古屋ダイアモンドホールは、名古屋を代表するライブハウス。
収容人数はスタンディングで約1,000名、イス席で約400名でかつては、名古屋最大のライブハウスでした。(現在はZepp Nagoyaが最大)

名古屋の中心部である中区新栄に位置しています。都会的な雰囲気のある名古屋ダイアモンドホールは、ceroのライブにぴったりのロケーションです。

【アクセス】
地下鉄東山線『新栄町駅』2番出口より徒歩2分

開催地 愛知県

愛知県の今日行きたいイベントをアーカイブ!!過去のイベントからこれから開催されるイベントまで 「愛知県」開催のイベントをアーカイブしたページです。

EVENT DATA

「POLY LIFE MULTI SOUL」発売記念全国ワンマンツアー

期 間 2018年6月15日(金)
場 所 名古屋 DIAMOND HALL
(愛知県名古屋市中区新栄2-1-9 雲竜フレックスビル西館5F)
金 額 前売 4,500円(税込・スタンディング)
※ドリンク代別

オススメイベント