神秘的でまるで宝石箱みたい! 『鳥羽の海のプランクトン~美しきミクロの世界』

http://www.umihaku.com/tenji/tokubetu/index.html

神秘的でまるで宝石箱みたい! 『鳥羽の海のプランクトン~美しきミクロの世界』

突然ですが「海」ってキレイで素敵ですよね。
青く広がる絨毯、どこまでも続く水平線と、眺めているだけで心が落ち着いていいですよね。嫌なことがあったり、イライラしたときに海を眺めて精神を落ち着かせ、リラックスさせているという方も多いのではないでしょうか。まさに自然が放つリラクゼーションですね。

そんな海には、多くの魚をはじめ、生き物たちが生きています。その多くの生き物たちにとって大切なのが「プランクトン」です。

多くの魚は、このプランクトンを食べて生きています。人間にとっても、プランクトンは大切で、植物プランクトンは光合成により、大量の二酸化炭素を分解して酸素を放出し、海底へ沈んだ死骸は、長い時間を経て石油や天然ガスへと姿を変えます。私たち人間にとってもプランクトンはなくてはならない存在なのです。

三重県・鳥羽市にある海の博物館では、このプランクトンに焦点を当てた一風変わった企画展『鳥羽の海のプランクトン~美しきミクロの世界』が4月14日(土)から7月8日(日)まで開催されます。

『鳥羽の海のプランクトン~美しきミクロの世界』は、世界を代表するプランクトン研究の第一人者であり、かつアーティストでもあるクリスティアン・サルデ氏によるプランクトン写真を集めた企画展です。本展では、クリスティアン・サルデ氏がフランスと鳥羽で採集したプランクトンなど二十四点の写真作品を展示。どの作品も、肉眼では確認できないほど小さなプランクトンを四十~千倍ほどに拡大し、作品にしています。

プラクトンと聞かされなければ、プランクトンと分からないほど、どの作品も美しくまるで宝石箱や万華鏡を覗いてるのかと思うほど、神秘的で幻想的な作品ばかりです。ゴカイ類や甲殻類の幼生など、ちょっと気持ち悪いと思うようなプランクトンたちもクリスティアン・サルデ氏の手にかかればマジックのように不思議と美しい芸術作品と変身してしまいます。

人間にとって大切な役割を果たしている「プランクトン」ですが、正直あまり馴染みがないのが現実です。ぜひ、この『鳥羽の海のプランクトン~美しきミクロの世界』をきっかけにもう少しプランクトンに興味を持ってみてはいかがですか。

超オシャレ&オーシャンビューなお宿 旅館・The Earth

海の博物館に遊びに行く際に、どこかいい宿ないかな?と思ったアナタに教えたい!!
ダイナミックな太平洋に面した超オシャレな旅館・The Earthです。

様々なタイプのお宿に、伊勢の極上素材を使ったお料理、スパ、展望台、遊歩道などなど、どれをとってもハイクオリティ!!

東海エリア放送中の「花咲かタイムズ」などテレビでも取り上げられている注目の旅館です。ご利用は必ず予約をした方がいいですよ!

料理の乾杯には「チアーズ!!」のリズムで「ジ・アース!」で乾杯しましょう!!

開催地 三重県

三重県の今日行きたいイベントをアーカイブ!!過去のイベントからこれから開催されるイベントまで、「三重県」開催のイベントをアーカイブしたページです

EVENT DATA

鳥羽の海のプランクトン~美しきミクロの世界~

期 間 2018年4月14日(土)~2018年7月8日(日)
場 所 海の博物館
(三重県鳥羽市浦村町大吉1731-68)
金 額 入館料
大人800円
学生400円

オススメイベント