「尾州徳川の花相撲 帝もサムライも熱中! いとしの植物たち」

http://www.mazak-art.com/cgi-bin/museum/infoeditor/info.cgi?action=data_view&key=005000004004008014005113119113&mode=news

「尾州徳川の花相撲 帝もサムライも熱中! いとしの植物たち」

名古屋市にあるヤマザキマザック美術館で4月20日(金)から8月26日(日)まで展覧会「尾州徳川の花相撲 帝もサムライも熱中! いとしの植物たち」が開催されます。

「花相撲」とは、江戸時代に流行った花の品評会のことで、相撲の番付のように花の番付が出され、大関から前頭までを東西に花を分け、花や葉の美しさや珍しさを競って楽しみました。そしてそれらの植物は、栽培方法などとともに「植物図譜」として描かれ、数多く出版されるなど、江戸時代の日本は、世界でも類を見ない独自で多様な園芸文化が花開きました。

この展覧会では、ヤマザキマザック美術館のご近所、名古屋園芸の創業者 小笠原左衛門尉(おがさわらざえもんのじょう)亮軒(りょうけん)氏のコレクション「雑花園文庫(そうかえんぶんこ)」から、江戸時代に描かれた植物の本などを、知って楽しい“花の対決”目線でご紹介します。

また日本の植物や園芸文化に心惹かれ「ナンシーの日本人」とまで言われたアール・ヌーヴォーのガラス作家エミール・ガレの作品、そのモチーフとなった植物を描いた現代のボタニカルアートの作家たちとの饗宴をあわせてご紹介します。

春になり、色とりどりの美しい花が咲き誇っていますが、ヤマザキマザック美術館でも春爛漫、様々な芸術の花が満開に咲いています。ぜひ、「花相撲」という今では珍しい日本文化に触れてお楽しみください。

開催地 愛知県

愛知県の今日行きたいイベントをアーカイブ!!過去のイベントからこれから開催されるイベントまで 「愛知県」開催のイベントをアーカイブしたページです。

EVENT DATA

尾州徳川の花相撲 帝もサムライも熱中! いとしの植物たち

期 間 2018年4月20日(金)〜8月26日(日)
場 所 ヤマザキマザック美術館
(愛知県名古屋市東区葵1-19-30)
金 額 一般 1,000円(10名様以上800円)/小・中・高生 500円/小学生未満 無料 

オススメイベント