スタイリッシュなこいのぼりが華麗に泳ぐ 「こいのぼりなう! 須藤玲子×アドリアン・ガルデール×齋藤精一によるインスタレーション」

http://www.nact.jp/exhibition_special/2018/koinoborinow2018/

スタイリッシュなこいのぼりが華麗に泳ぐ 「こいのぼりなう! 須藤玲子×アドリアン・ガルデール×齋藤精一によるインスタレーション」

5月になると男の子にとっては大きなイベントがありますね!

そう!それは「端午の節句」。そして、この時ににあげるのが「こいのぼり」!

こいのぼりは、古くから、男の子の健康と成長を祝い立てられていました。

もともとは、「武者のぼり」と言われる物で、のぼりには武者絵が描かれていたようです。その後、武者絵から「鯉の滝昇り」へと、変化して今の形になったようです。

そんな「こいのぼり」、しかもカラフルでスタイリッシュなこいのぼりが見れちゃうイベント「こいのぼりなう! 須藤玲子×アドリアン・ガルデール×齋藤精一によるインスタレーション」が、東京の国立新美術館にて2018年4月11日(水)から5月28日(月)まで開催されます。

須藤玲子は、日本を代表するテキスタイルデザイナー。日本の伝統的な染織技術から現代の先端技術までを駆使し、新しいデキスタイルづくりを行っています。当展では、須藤玲子がデザインした約300匹のこいのぼりが、展示室をダイナミックに泳ぎまわります。様々な色柄したカラフルで、オシャレな風変わりなこいのぼりが見られるのはここだけです。

須藤は、日本の伝統行事に着想を得たこのインスタレーションを、フランスの展示デザイナーのアドリアン・ガルデールとコラボレーションし、2008年にはワシントンD.C. のジョン・F・ケネディ舞台芸術センターにおいて、2014年にはパリのギメ東洋美術館にて発表しました。

今回の展示に当たって、ライゾマティクスの齋藤精一も迎えて新たなバージョンでインスタレーションを行ういます。今回は、過去最大規模、国立新美術館のもっとも大きい展示室(2000㎡、天井高8m)を使った超巨大なこいのぼり作品となっています。

これだけの規模にも関わらず、なんと観覧料は無料!お金を出してでも見てみたい作品だけに、これは絶対に行くべきですね。お子様はもちろん、大人の方々も芸術作品として色とりどりのカラフルなこいのぼりを楽しめるはずです。ぜひ、国立新美術館に足を運んでみて、天井を見上げてみませんか?

開催地 東京都

東京都の今日行きたいイベントをアーカイブ!!過去のイベントからこれから開催されるイベントまで、「東京都」開催のイベントをアーカイブしたページです。

EVENT DATA

こいのぼりなう! 須藤玲子×アドリアン・ガルデール×齋藤精一によるインスタレーション

期 間 2018年4月11日(水)~5月28日(月)
場 所 国立新美術館 企画展示室2E
(東京都港区六本木7-22-2)
金 額 観覧無料

オススメイベント