スター・ウォーズ展 本邦初公開を含む70点以上を一挙公開

https://artvivant-art.net/space/%E6%84%9B%E7%9F%A5%E7%9C%8C%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%82%BA%E5%B1%95201845/

スター・ウォーズ展 本邦初公開を含む70点以上を一挙公開

世界最高の映画は何ですか?

この答えは人それぞれだが、私は俄然「スター・ウォーズ」だ。昨年は、完全なる新シリーズ「最後のジェダイ」や、旧作のスピンオフ作品「ローグ・ワン」も話題となった。そして今年は、旧シリーズきっての人気キャラクター、ハリソン・フォード演じる「ハン・ソロ」を描いた作品も公開されるなど、1977年に初公開してから現在まで世界中にファンをもつ最大の映画といえる。 2018年、そんなスターウォーズの絵画展が開催される。

「スター・ウォーズ展」

このイベントでは、本邦初公開を含む70点以上を一挙公開。映画『スター・ウォーズ』誕生から40周年を迎え、12月に最新作が公開になったメモリアルイヤーを祝し、旧作~最新作、日本では通常流通していないレアな作品まで展示。

さらに!物語内では脚光を浴びないキャラクター達や劇中に登場しないワンシーンを描いた作品はファンにとっては最高に嬉しいもの!スターウォーズの魅力のひとつとして、脇役たちにもちゃんとした設定やストーリーが事細かに設定されているところがあるのだが、ちゃんとそれをわかってくれているのだ!

例えば・・・ スター・ウォーズエピソード6「ジェダイの復讐」において、デススターのシールド発生装置が置かれていた「惑星エンドア」。このエンドアの原住民「イウォーク」たちにもちゃんとしたストーリーがあり、のちにスピンオフ映画も作られた。 さらに、スターウォーズエピソード1「ファントム・メナス」やエピソード2「クローンの攻撃」に、幼き日のボバ・フェットと、その父親「ジャンゴ・フェット」が登場したりする。

こういった本編では多くを語られないキャラクターたちが、絵画で描かれているとなると、もう見に行くしかなくなる・・・。

壮大なスケールとロマン、親子愛と師弟愛で展開するスペースオペラの金字塔スターウォーズ。40年の時が流れても”未来”に溢れた作品たち。是非その目で見よう!

開催地 愛知県

愛知県の今日行きたいイベントをアーカイブ!!過去のイベントからこれから開催されるイベントまで 「愛知県」開催のイベントをアーカイブしたページです。

EVENT DATA

スター・ウォーズ展

期 間 2018年4月5日(木)~2018年4月8日(日)
場 所 吹上ホール 2F 第1ファッション展示場
(愛知県名古屋市千種区吹上二丁目6番3号)
金 額 入場無料

オススメイベント