岐阜県とスペイン・サラマンカの友好のあかし サラマンカ大学創立800周年記念コンサート 「魅惑のスペイン」

https://salamanca.gifu-fureai.jp/1310/

岐阜県とスペイン・サラマンカの友好のあかし サラマンカ大学創立800周年記念コンサート 「魅惑のスペイン」

岐阜県にあるサラマンカホールにてサラマンカ大学創立800周年コンサート「魅惑のスペイン」を2018年4月14日(土)に開催します。

開催場所のサラマンカホールとは?岐阜県が1994年に開場したコンサートホールです。

その名は、スペインのサラマンカ(Salamanca)市に由来しています。サラマンカ市は、現存するスペイン最古の大学ともいわれるサラマンカ大学のある街であり、旧市街全体が世界遺産に登録されている歴史的な都市です。

市中心部にあるサラマンカ大聖堂には、「鳴らずのオルガン」と呼ばれていたルネサンス期の古いパイプオルガンがありました。

そのパイプオルガンは岐阜県白川町の辻宏氏の手によって、修復され、サラマンカ市民に感動を与えました。

その後、辻氏はサラマンカホールのために、大聖堂オルガンの特徴をとり入れた日本初のスペイン様式のパイプオルガンを建造しました。

このホールにサラマンカが冠として付いているのは、スペインと日本の友好の証でもあります。

今回行われるコンサートは、サラマンカホールの名前にも由来するスペイン・サラマンカ大学の創立800周年を記念して行われるスペイン色豊かな祝賀コンサートとなります。

指揮には、オーヴェルニュ室内管弦楽団音楽監督、首席指揮者を務めるロベルト・フォレス・ヴェセス。そして、演奏を務めるのは、東海地方を代表するオーケストラとして地域の音楽界を牽引し続ける名古屋フィルハーモニー交響楽団。さらにスペインギター界最高のスーパー・ギターリストであるカニサレス氏がこのコンサートのために来日。名フィルと世界最高のギターリストによるコンチェルトをぜひこの機会にお楽しみください。

◆出演
指揮:ロベルト・フォレス・ヴェセス
ギター:カニサレス
管弦楽:名古屋フィルハーモニー交響楽団
能舞:辰巳満次郎
パイプオルガン:鈴木優人
【予定プログラム】
ブラームス:大学祝典序曲 作品80
アルベニス:スペイン組曲 作品47より「グラナダ」(管弦楽版)
ロドリーゴ:アランフェス協奏曲
グラナドス:歌劇「ゴイェスカス」間奏曲
ファリャ:バレエ音楽「三角帽子」第1組曲、第2組曲
創作能舞:サラマンカ SALAMANCA ※パイプオルガンと能の共演
※曲目が変更になる場合があります。

開催地 岐阜県

岐阜県の今日行きたいイベントをアーカイブ!!過去のイベントからこれから開催されるイベントまで、「岐阜県」開催のイベントをアーカイブしたページです。

EVENT DATA

サラマンカ大学創立800周年記念コンサート 「魅惑のスペイン」

期 間 2018年4月14日(土)
場 所 サラマンカホール
(岐阜県岐阜市薮田南5-14-53)
金 額 S席4,500円
A席3,500円
学生半額(30歳まで)

オススメイベント