リメンバー・ミー【 ディズニー/ピクサー最新作】 リー・アンクリッチ監督に単独インタビュー!松岡ひとみのシネマレポート

http://www.disney.co.jp/movie/remember-me.html

リメンバー・ミー【 ディズニー/ピクサー最新作】 リー・アンクリッチ監督に単独インタビュー!松岡ひとみのシネマレポート

リメンバー・ミー
『リメンバー・ミー』同時上映『アナと雪の女王/家族の思い出』 2018年 3月16日(金) 全国公開 ©2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

世界中の誰もが心待ちにするディズニー/ピクサーのアニメーション。今までもモンスターやおもちゃなど、今まで見たことのないイマジネーションの世界に誘ってくれました。

最新作「リメンバー・ミー」が連れて行ってくれたのはナント!「死者の国」。

オレンジのマリーゴールドが敷き詰められた橋を渡るとそこは陽気なガイコツたちが住む死者の国。
そこはまるでテーマパークのようで、ガイコツ達が闊歩し、活気溢れる町並みで生活しているのです。天までとどくような煌びやかな建物は往年のスターが住んでいるという夢の世界。

マイケル・ジャクソンにもデビット・ボウイにも会えちゃうってこと?!

そして“魂のガイド”とよばれるここでしか会えないカラフルな動物たちは、まさに“インスタ映え”じゃないか!

こんな楽しいところは死ぬまでに一度は行ってみたいわぁ
おっと、、、この世とおさらばしてからじゃないと行けないけど、
こんなに素敵な場所が待っているのなら死ぬのも恐くないかも。

楽しいだけじゃなく、感動の家族の絆も描かれているのです。

「ミゲルの大冒険」

舞台はメキシコの小さな町。
音楽が大好きなミゲル少年は、町が生んだ亡き伝説のスター、エルネスト・デラクルスのようなミュージシャンを目指していましたのですが、ミゲルの家族は昔に起こった悲しい出来事がきっかけで代々音楽禁止になっていたのです。

家族は曾お祖母ちゃんの“ココ”を含めた一族みんなで靴を作っている大家族。
日本でいえば「お盆」のようにメキシコにも先祖をお迎えする「死者の日」は、町はマリーゴールドの花やcandleで輝き、祭壇には先祖の写真が飾られます。

そんな死者の日に、音楽を演奏することを禁止する家族とケンカして家を飛び出してしまい、ひょんなことから死者の国に迷い込んでしまいます。
死者の国での冒険や騒動は彼にとってはドキドキワクワクの連続。大好きな「リメンバー・ミー」の曲をきっかけに、ある奇跡が起こります。

ノリノリの音楽と共に、徐々に一族の知られざる真実が解き明かされていくのです。ラストには身も心も骨まですっぽり感動に包まれ、涙が止まらなくなりますよ!

本作は第90回アカデミー賞で長編アニメーション賞と主題歌賞を受賞。
W受賞はアナと雪の女王から4年ぶりの快挙。さらに、監督のリー・アンクリッチは、「トイストーリー3」もてがけており、「トイ3」でもW受賞しているのです!これはアカデミー賞始まって以来の快挙。

そんな世界が誇る巨匠リー・アンクリッチ監督に単独インタビューしましたよ!

リメンバー・ミー

「リメンバー・ミーの誕生秘話」

監督はメキシコに行った際に、伝統的な祭礼行事「死者の日」をもとにしたアイディアを思いたそう。最初は表面的なアート、ガイコツや鮮烈な色彩、伝統というものを知っていくうちに生と死はひとつのものだと思い、死者の国を描きたいと思ったそうです。

亡くなった家族のことを忘れてはならない、先祖のことをおもいだし、子孫に語りつなげていく必要がある。娯楽性がありながらもエモーショナルな部分が重要なのです。と語ってくださいました。

日本は戌年ということを伝えつつ、ミゲルの親友であるノーテンキな野良犬ダンテのことを聞いてみました。

メキシコの国の犬で毛のない犬種。「メキシカン・ヘアレスドッグ」というそうです。若いときに歯が抜けてしまうので舌がだら〜んと口からでてしまう。そんなキュートな姿がこの物語にぴったりなので、起用したそう。

死者の国には自分の好きな動物の魂のガイドがいます。監督にどの動物がガイドになってほしいかお聞きしたら「モンキー」と答えてくれました♪

「日本版キャスト名古屋で舞台挨拶」

先日、公開に先駆けて名古屋で日本版キャストのSKE48の高柳明音さんが109シネマズに登壇。

主人公のミゲルが、死者の日に行われる音楽の祭典にエントリーする際にステージで出会う女、マリアッチの声で参加されています。

リメンバー・ミー

(高柳)
ディズニーファンとして見に行こうとしていたので、この声のお仕事をいただいた時は、本当に驚きました。
収録は、映像が流れそれに合わせて喋るという、最初は戸惑いましたが、気持ちを遠くに飛ばす感じに演じてくださいと言われ、のびのびと演じることができました。

映画を観た感想は、とても感動しました、今までなかったピクサー作品でその概念を覆されました。
もう、帰り道は涙が止まりませんでした。

今いる家族だったり、先祖の話なので考えさせられることが多い作品ですね。

リメンバー・ミー

ピクサーが音楽をテーマに物語を生み出したのが「アナと雪の女王」。美しい映像とともに流れる楽曲たち。今回は大ヒット曲レット・イット・ゴーの作曲家コンビとなる。

音楽にも注目ですね。ミゲル君の役を演じた石橋くんの歌声がもともと好きだったので、早くみなさんに聴いてもらいたいと思います。声変わりしていない大人ではない透き通った歌声が素晴らしいんです!

東海テレビ映画MANIAにも出演されている高柳さん。映画好きにはたまらない経験をされたようで、とてもたのしそうにお話しされていたのが印象に残りました。

リメンバー・ミー記事の後編こちら

[イメルダ役【松雪泰子さん】にインタビュー♪]

松岡ひとみのシネマレポート
画像をクリックで記事が開きます。

ウォルト・ディズニー・ジャパンの公式サイトへ

映画パーソナリティ  松岡ひとみ

愛知県 名古屋市中区今池育ち。
子役モデル、TV&ラジオレポーターを経て、1998年から映画パーソナリティとして活動開始。

TV・ラジオでは映画コメンテーター、新聞&雑誌では独自の視点で映画紹介を寄稿するなど、各方面で活動中。
新作映画の舞台挨拶・記者会見の司会など、東海地区を中心とした映画イベントシーンにおいて欠かせない存在で通称「映画のお姉さん」と呼ばれている。
映画監督との交流も多く、各映画祭にも出没。

経験としては〜
*年間映画鑑賞450本
*舞台挨拶司会1,000本以上
*インタビュー経験5,000人以上

【TV】
中京テレビ「キャッチ!」「シネマバー」の映画インタビュー担当。
三重テレビ「シネマクルーズ」毎週金曜日17:15~
中京テレビ「ラッキーブランチ!」「4U」
中部地区ケーブルテレビ「見どころガイド 映画コメンテーター

【インターネット】
YouTube番組 「松岡ひとみの映画FULLDAYS」

【雑誌 & web】
映画フリーペーパーCC「ひとみのヒット♥ME」
高校生フリーペーパー「chFILES」美味しい映画
松岡ひとみのシネマレポート」連載中
中日新聞女性向けサイト「オピ・リーナ」映画コーナー

【映画出演】
本広克行監督「亜人」「連合戦隊司令官山本五十六」他

【映画祭 司会&PR】
東京国際映画祭、アーラ映画祭、知多半島映画祭、国際デジタルアニメーション映画祭、*ええじゃないかとよはし映画祭さかえ映画祭、ショートストーリー名古屋 など多数

【ラジオ】
東海ラジオ「タクマ神野のど〜ゆ〜ふ〜!」(木)映画コーナー
東海ラジオ「ヨヂカラ!」松岡ひとみのシネマフラッシュ(木)
CBCラジオ「加藤千佳の大人の時間」不定期(土)
MD-FM ミッドフィーリングタイム最新シネマプレビュー(月)など

EVENT DATA

松岡ひとみのシネマレポートvol.06 リメンバー・ミー

期 間 2018年3月16日 公開
場 所 ミッドランド スクエア シネマ 他 全国ロードショー
金 額 各上映施設により料金は異なります。

オススメイベント