歌川広重が描く可愛らしいおじさんたちに注目!「ゆる旅おじさん図譜」

https://hiroshige-ena.jp/exhibitions

歌川広重が描く可愛らしいおじさんたちに注目!「ゆる旅おじさん図譜」

岐阜県恵那市にある中山道広重美術館は、旧中山道大井宿(現在の大井町商店街)が通る岐阜県恵那市の収集家・田中春雄氏から寄贈された歌川広重の浮世絵版画を中心として所蔵する美術館です。

展示物も、歌川広重の「木曽海道六拾九次之内」「東海道五拾三次之内」(保永堂版)「京都名所之内」をはじめ、広重とともに幕末の浮世絵界を彩った歌川国芳による「木曽街道六十九次之内」など、
主に「広重」と「木曽街道(中山道)」をテーマに展示しています。

そんな中山道広重美術館で2018年3月1日(木)から4月1日(日)まで企画展「ゆる旅おじさん図譜」が開催されます。

イベントタイトルを聞いてもピンときませんが、こちらも歌川広重に関する一風変わったイベントなのです。

歌川道重といえば「東海道五十三次」を代表するように風景画が注目されますが、実は人物にも独特の味わいがあるのです。
当展では、歌川広重の作品に登場する様々な旅人にスポットを当てた企画展となっています。

広重の風景画、特に東海道や中山道を描いた街道物にしばしば登場する旅人や町人たち。彼らは作品の主役ではないのであまり注目されませんが、よくよく注目してみると彼らの見せる繊細な仕草、表情などは実は作品に彩りを添えて、作品を賑やかにしています。

そんな彼らを当展では愛情、そして親しみを込めて「おじさん」と呼んでいます。「おじさん」の表情はなんとも素朴で見れば見るほど愛着が湧いてきますよ。

またこの企画展に合わせて、「おじさんマスキングテープ」と「オジサマ箋」を販売!おじさんの日常の何気ない仕草がプリントされていてかわいいですよ。企画展に行った記念にぜひゲットしましょう!

開催地 岐阜県

岐阜県の今日行きたいイベントをアーカイブ!!過去のイベントからこれから開催されるイベントまで、「岐阜県」開催のイベントをアーカイブしたページです。

EVENT DATA

企画展「ゆる旅おじさん図譜」

期 間 2018年3月1日(木)〜2018年4月1日(日)
場 所 中山道広重美術館
(岐阜県恵那市大井町176-1)
金 額 観覧料:大人510円
※毎週金曜日は終日観覧無料

オススメイベント