丸福珈琲店×映画「しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス」

http://shiawase-enogu.jp/

丸福珈琲店×映画「しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス」

丸福珈琲店×映画「しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス」

カナダで最も有名な画家モード・ルイスと 夫の人生を描き、世界の映画祭で観客賞を受賞した感動作「しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス」が3月3日(土)より全国公開となります。

小さな港町で、カナダの美しい四季と動物を色鮮やかに素朴で愛らしい絵を描き 続けた画家のモード・ルイスと、不器用ながらもモードを献身的にサポートした夫のエベ レット。

はじめは孤独だった2人が運命的な出会いを経て、夫婦の絆と慎ましくも確かな 美しい色にあふれた幸せな日々を手に入れた、感動の実話です。

ガスも電気も水道もない、わずか4メートル四方の小さな家に慎ましく暮らし、モードは部屋の壁や家具をキャンバスにして、素朴な愛らしい絵を描き始めます。

リウマチを患っている彼女は必死に体を動かしながら筆をとり、窓に映る景色を心の赴くままに描く絵たちは、愛とユーモアに満ちています。

小さな窓からみえる風景に、モードは命を吹き込んでいく。

動物や鳥、野に咲く花や雪景色などみじかなものばかり。物語が進行すればするほど、絵も、部屋も、風景も、夫婦も、ずっと見ていたい、とても愛おしい気持ちになります。どんな悪状況下でも小さなことで喜びを見出せるモードの精神は、私たちに大切な事を教えてくれるのです。

モードを演じるのは、「シェイプ ・オブ ・ウォーター」で各映画賞の主演女優賞を総なめしたサリー・ホーキンス。
妻への愛をうまく表現できない夫エベレットにはアカデミー賞ノミネート常連のイーサン・ホーク。本作出演後にイーサンはモードの絵を2点購入したそうです。

映画は、3月3日(土)より新宿ピカデリー、Bunkamuraル・シネマ、東劇、 大阪ステーションシティシネマ、ミッドランドスクエアシネマほかにて全国公開!

公開に際して、創業から80余年。大阪ミナミ・千日前に本店を置き、こだわりの珈琲が 頂ける老舗の喫茶店として長きにわたって人々に愛され続ける丸福珈琲店とのタイアップが決定致しました。

期間:2月15日(木)~3月31日(土)

しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス タイアップメニュー

中央のチョコレート部分に熱々のアングレースソースをかけて溶かすと中からアイスクリームが出てくる仕掛けがあります!見た目の綺麗さとアトラクション的な要素満載の一品です!

① モード・ルイスの色彩豊かな絵をイメージしたタイアップメニュー「しあわせの絵の具」(ドリンク付¥1580)を販売

② タイアップメニューご注文のお客様に丸福珈琲店×「しあわせの絵の具」オリジナルポストカードをプレゼント

③ 「しあわせの絵の具」ご鑑賞の映画チケット半券をご提示の お客様にドリップ珈琲1Pをプレゼント

実施店舗:千日前本店、上本町YUFURA店、阪急西宮ガーデンズ店、ルクア イーレ店、大丸心斎橋店、近鉄あべのハルカス店、ハービスPLAZA店、中之島ダイビル店(③のみ実施)、堺筋淡路町店、JR高槻店、八尾店、HEPナビオ店、銀座喫茶室、ヨドバシAKIBA店、東急百貨店渋谷本店、川崎アゼリア店、東急百貨店たまプラーザ店、羽田空港店、MARUFUKU COFFEE TERRACE(タカシマヤゲートタワーモール内)、名古屋三越栄店

「しあわせの絵の具」
愛を描く人 モード・ルイス

監督:アシュリング・ウォルシュ
出演:サリー・ホーキンス
イーサン・ホーク
カリ・マチェット
ガブリエル・ローズ

原題:MAUDIE 2016年/カナダ・アイルランド/英語/116分/DCP/カラー 配給:松竹 shiawase-enogu.jp

しあわせの絵の具 愛を描く人 メインイメージ

©2016 Small Shack Productions Inc. / Painted House Films Inc. / Parallel Films (Maudie) Ltd.

【作品、イベントに関してのお問い合わせ】
お問い合わせ:松竹㈱映画宣伝部 03-5550-1588
松竹㈱関西支社映画宣伝課 06-7166-3433
松竹ナビ(株)中部支社 052-953-3555

映画パーソナリティ  松岡ひとみ

愛知県 名古屋市中区今池育ち。
子役モデル、TV&ラジオレポーターを経て、1998年から映画パーソナリティとして活動開始。

TV・ラジオでは映画コメンテーター、新聞&雑誌では独自の視点で映画紹介を寄稿するなど、各方面で活動中。
新作映画の舞台挨拶・記者会見の司会など、東海地区を中心とした映画イベントシーンにおいて欠かせない存在で通称「映画のお姉さん」と呼ばれている。
映画監督との交流も多く、各映画祭にも出没。

経験としては〜
*年間映画鑑賞450本
*舞台挨拶司会1,000本以上
*インタビュー経験5,000人以上

【TV】
中京テレビ「キャッチ!」「シネマバー」の映画インタビュー担当。
三重テレビ「シネマクルーズ」毎週金曜日17:15~
中京テレビ「ラッキーブランチ!」「4U」
中部地区ケーブルテレビ「見どころガイド 映画コメンテーター

【インターネット】
YouTube番組 「松岡ひとみの映画FULLDAYS」

【雑誌 & web】
映画フリーペーパーCC「ひとみのヒット♥ME」
高校生フリーペーパー「chFILES」美味しい映画
松岡ひとみのシネマレポート」連載中
中日新聞女性向けサイト「オピ・リーナ」映画コーナー

【映画出演】
本広克行監督「亜人」「連合戦隊司令官山本五十六」他

【映画祭 司会&PR】
東京国際映画祭、アーラ映画祭、知多半島映画祭、国際デジタルアニメーション映画祭、*ええじゃないかとよはし映画祭さかえ映画祭、ショートストーリー名古屋 など多数

【ラジオ】
東海ラジオ「タクマ神野のど〜ゆ〜ふ〜!」(木)映画コーナー
東海ラジオ「ヨヂカラ!」松岡ひとみのシネマフラッシュ(木)
CBCラジオ「加藤千佳の大人の時間」不定期(土)
MD-FM ミッドフィーリングタイム最新シネマプレビュー(月)など

EVENT DATA

松岡ひとみのシネマレポートvol.03「しあわせの絵の具」 愛を描く人 モード・ルイス

期 間 2018年3月3日(土)~
場 所 新宿ピカデリー、Bunkamuraル・シネマ、東劇、 大阪ステーションシティシネマ、ミッドランドスクエアシネマほかにて全国公開
金 額 各映画館・上映施設により料金は異なります。

オススメイベント