元ビートルズのジョージ・ハリスンの展覧会が日本初上陸! 「ジョージ・ハリスン アイ・ミー・マイン展」

https://www.i-bcc.jp/imemine/

元ビートルズのジョージ・ハリスンの展覧会が日本初上陸! 「ジョージ・ハリスン アイ・ミー・マイン展」

ロサンゼルス、ロンドンで開催され話題を呼んだ「ジョージ・ハリスン アイ・ミー・マイン展」がジョージ・ハリスン生誕75周年を記念して満を持して日本に初上陸!2018年2月17日(土)から3月11日(日)まで、東京・渋谷ヒカリエ内の8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Galleryにて開催されます。

ジョージ・ハリスンは、言わずと知れたビートルズの元メンバーです。ビートルズのなかでは、ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、リンゴ・スターとほかのメンバーの名前が有名すぎて若干地味な存在ではありますが、ジョージ・ハリスンがいなければビートルズではないし、数々の名曲を生み出したあのビートルズサウンドは生まれなかっただろう。

本展では、ジョージ・ハリスンの妻であるオリビア・ハリスンの全面的な協力のもと、忠実に復刻された原寸大のジョージの手書き作詞原稿、ジョージ・ハリスンがビートルズ時代に着用した衣装、アビイ・ロード・スタジオでのレコーディングで書いた直筆のコードメモ、手紙、ジョージの家族写真、直筆サインなどジョージファンにとってはよだれもののかなりレアなアイテムが展示されます。

今回展示される手書き作詞原稿は、展示タイトルにもある「I Me Mine」をはじめ、「While My Guitar Gently Weeps」、「Here Comes the Sun」などビートルズ時代の代表曲、ビートルズ解散後では「My Sweet Lord」、「All Things Must Pass」など計22点を展示。さらにそれぞれの作詞原稿にはその歌詞にまつわるジョージ自身の解説が添えられているので、それぞれの楽曲の創作過程についても同時に楽しむことができます。

この展覧会のなかでも注目なのが、ザ・ビートルズのドラマー、リンゴ・スターに贈った未発表曲「Hey Ringo」。ジョージ自宅にあるスタジオのピアノの長椅子のなかで長い間、眠っていたのを妻オリビアが最近発見したものです。もちろん日本での「ジョージ・ハリスン アイ・ミー・マイン展」が初公開の場となります。次いつ公開されるのか分からないのでぜひ目に焼き付けておきましょう。

また展覧会会場に併設されるショップでは、作詞原稿「I Me Mine」の全世界限定75点のプリント額やその廉価版のプレント額、妻オリビアが撮影したジョージ・ハリスンの素顔を写した写真額、リンゴ・スターが撮影したザ・ビートルズメンバーの写真額などが販売されます。こちらもお宝級のアイテムばかりなので、ぜひともジョージファンはゲットしときたいところですね。

ジョージ・ハリスンをはじめビートルズを愛する人にとってはたまらない展覧会となっています。生誕から75年経った今、もう一度ジョージ・ハリスンの才能に触れてみてはいかがですか。

開催地 東京都

東京都の今日行きたいイベントをアーカイブ!!過去のイベントからこれから開催されるイベントまで、「東京都」開催のイベントをアーカイブしたページです。

EVENT DATA

ジョージ・ハリスン アイ・ミー・マイン展

期 間 2018年2月17日(土)〜3月11日(日)
場 所 8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Gallery
(東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ8階)
金 額 前売券 1,000円(税込)
当日券 1,200円(税込)

オススメイベント