火渡り祭が開催!心頭を滅却すれば火もまた涼し!

http://takaosan.or.jp/taiken/hiwatari.html

火渡り祭が開催!心頭を滅却すれば火もまた涼し!

『心頭を滅却すれば火もまた涼し』
こんな故事成語を聞いたことがあるだろう。

「めちゃ寒いわ~!」
「心頭を滅却すれば火もまた涼しだよ!」

なんて会話なんてあるあるだろう。

「心頭を滅却すれば火もまた涼し」とは?
知らない人のために、一応解説しておくと
“どのような苦難や困難に遭遇しても
 心の持ち方一つで、苦難や困難を感じなくなる。”
といった意味。

要するに嫌なことも「心の持ちよう」でどうとでもなる。
といった意味だと思ってください。

「心頭を滅却すれば火もまた涼し」な祭があるぞ!
この故事成語を地で行くような祭があるのをご存知だろうか?
2018年3月11日に高尾山薬王院で行われる
「高尾山火渡り祭(たかおさんひわたりさい)」である。

どんな祭?

高尾山を代表する行事である「高尾山火渡り祭」は
御護摩(浄火により災厄をはらう火の行)を行うことにより
世界平和、息災延命、災厄消除、などを祈願するもの。

燃え盛る8メートル四方ほどの御護摩の炉の上を
山伏の姿をした修験者がホラ貝をふきながら素足で渡る儀式。
何年か前に、99の岡村さんがチャレンジしていた。

参加もできる?

炎の中を素足で走るなんて修験者さんはスゴイな!
なんて思っているかもしれないが、修験者も普通の人間です。
彼らは「心頭を滅却している」に他ならない。

一般の人も希望者は、この火の中を歩くことができるという!
心頭を滅却する自信のある人は、ぜひチャレンジしてくれ!

まとめ

忘れないで欲しいのは、「イベント」でも「祭」でもなく
「儀式」であること。厳粛なものなので、遊び感覚では参加しないように。

また、「高尾山火渡り祭」当日だけ「梵天札(ぼんてんふだ)」がもらえる。
この「梵天札」は、火渡り祭の際に御輿に差し、御護摩の周りを祈祷しながら担ぎ歩いたもの。
家内安全・火伏せの御利益があるといわれる人気の御札なので
ぜひもらっておこう!

開催地 東京都

東京都の今日行きたいイベントをアーカイブ!!過去のイベントからこれから開催されるイベントまで、「東京都」開催のイベントをアーカイブしたページです。

EVENT DATA

高尾山火渡り祭

期 間 2018年3月11日(日)
場 所 高尾山自動車祈祷殿前広場
東京都八王子市高尾町
金 額 見学は無料

オススメイベント