国立科学博物館で昆虫の企画展!この規模は日本初?

http://www.konchuten.jp/

国立科学博物館で昆虫の企画展!この規模は日本初?

地球上最も種類が多い生物は何だと思いますか?

正解は「昆虫」です。

現在、生物学で種として記録されている生物は約174万種だといわれています。このうち約97万種が昆虫だそうです。ちなみにその次は植物で約27万種。これは、あくまで「生物学上」の数字。我々人間が発見しているものでこの数なので、実際はもっと多いと推定されている。国連が2001~2005年に実地した「ミレニアム生態系評価」によると、生物種の数で最も多いのは、昆虫類と多足類(ムカデ)でおよそ800万種と推定された。なんと約90%は未知の種類ということになる。

そんな昆虫がテーマのイベントが「国立科学博物館」で開催される。

2018年7月13日(金)から開催される特別展「昆虫」である。

【昆虫って不思議なんです】

なんとなく想像できると思うが、昆虫は他の生物に比べて著しく多様性に富む。同じ生物でも生息場所によって様々な進化を遂げており、環境の変化にも巧みに対応している。今回開催される特別展「昆虫」では、昆虫の驚異の世界を『多様な昆虫標本』から『最新の昆虫研究』までより幅広く多角的に紹介されるという。

【例えば】

世界に1つしかないという超貴重な「ヤンバルテナガコガネ」のタイプ標本や、今回のイベントのために世界各地で採集した希少な昆虫標本などを紹介!さらに、各ゾーンでは昆虫にまつわる様々なトリビアがあるので、ぜひとも【へぇボタン】を持っていこう!いったい何回【へぇ~】が出るのか楽しみだ。

【まとめ】

身近にいると「うわっ!」ってなる“虫”だが、このイベントに行けば“虫”のことが好きになること間違いなし!ぜひ足を運んで、昆虫博士を目指してみよう!

EVENT DATA

特別展「昆虫」

期 間 2018年7月13日(金)~10月8日(月・祝)
場 所 国立科学博物館(東京都台東区上野公園7-20)
金 額 一般・大学生1,600円(前売1,400円)
小・中・高校生600円(前売500円)

オススメイベント