2018サイクリング屋久島&屋久島ヒルクライム2018 世界遺産でサイクリングしよ!

http://www.eco-ride.info/

2018サイクリング屋久島&屋久島ヒルクライム2018 世界遺産でサイクリングしよ!

健康志向の方の趣味といえば、最近やたら流行っている「マラソン」だろう。安価に始められる趣味として、年配の男女や意識高い系女子たちに人気のスポーツだ。

このマラソンと人気を二分する注目のスポーツがある。

「サイクリング」だ。

このサイクリングの楽しさは、自分の自転車もカスタマイズできるところ。
オリジナルのデザインや改造を施し、街を颯爽と駆け抜ける快感は何事にも変えがたいという。

ところで「自転車」が趣味という方に多いのが、『発表の場がない』問題である。例えば“マラソン大会”は、町内会の大会から、東京マラソンやぎふ清流マラソンなど、メダリストたちに混じって一般ランナーとして走る機会は多い。ではサイクリングはあるんだろうか?

もちろんあります!

世界自然遺産の屋久島を舞台とするサイクリングイベント
「2018サイクリング屋久島&屋久島ヒルクライム2018」

どんな大会?

先に言っておくと、この大会は「タイムを競う」ものではない。世界遺産として20周年を迎えた屋久島の自然を感じながら島1週100kmをみんなでサイクリングしようという大会。専門用語で『ロングライド』というらしい。都会では味わえない神秘を感じながらサイクリングとは、超贅沢だ。

ものたりない上級者は?

『「ダラダラ走る」ロングライドじゃ物足りネーな』という人は「屋久島ヒルクライム2018」へのエントリーをオススメする。こちらは、見るだけで吐き気のする内容。全長8km・標高差583m・平均勾配6.9%という地獄の沙汰としか思えないコースだ。

いったいどれくらいの人が参加するのだろう・・・?

注意事項

さっそく公式HPからエントリーしよう!ところで、エントリーした後だが、少々注意事項があるので伝えておく。 当日屋久島に入る時、飛行機や船を利用すると思うが、どちらも貨物輸送量に限りがあるため、自転車の搭載が不可能なんだそう。そのため、事前に郵送で送っておく必要があるので忘れないように!せっかくエントリーしても自転車がなければ意味ないからな!

EVENT DATA

2018サイクリング屋久島&屋久島ヒルクライム2018

期 間 2018年2月17日(土) 屋久島ヒルクライム2018
2018年2月18日(日) 2018サイクリング屋久島
場 所 屋久島(鹿児島県熊毛郡屋久島町小瀬田310-1)
金 額 参加費:小学生1500円~4000円、中学生以上3000円~9500円

オススメイベント