顔ハメ展 絶賛準備中!ひと足先に作品の制作秘話を公開します!【前編】

http://tv-aichi.co.jp/kaohameten/

顔ハメ展 絶賛準備中!ひと足先に作品の制作秘話を公開します!【前編】

ヤッホー!ぐっちょんです!

今日は、とある学校にきております!
どこかというと・・・

「専門学校HAL名古屋」

実は、12月23日から名古屋テレビ塔で開催される「顔ハメ展」に展示される
顔ハメ看板を作っているのがHALの生徒さんなのだ。

▶︎顔ハメって何?詳しくはこちらをクリック

今日はその製作現場にお邪魔して、
実際に制作した方にいろいろお話を聞いてきたぞ!

顔ハメ制作者列伝①神野陽絵さん(20歳)

まず最初にお話を聞いたのが
「神野陽絵さん(かみのみなえ)」20歳。
少しあどけなさの残るかわいらしい彼女。
広告デザイナーを目指し、HALで勉強しているんだそう。

ぐっちょん 「今回はどんな作品を出展しているんですか?」
神野さん  「いか焼きの顔ハメ看板です」

ぐっちょん 「え?!」
神野さん  「いか焼きです」

顔ハメ看板の題材に“イカ焼き”とは!
さすがHALの生徒。類希なるセンスがうかがえる・・・。
ここで気になるのは「なぜイカ焼きなのか?」ということだろう。

ぐっちょん 「なんでイカ焼きなんですか?」
神野さん  「“食べたい”と思ったんです!」

「食べたい物」をそのまま作品にしたという彼女。
しかしながら「食べたい物=イカ焼き」というところも
センスを感じざるを得ない・・・。

ぐっちょん 「イカ焼き好きなんですね・・・」
神野さん  「このアイデアを思いついた日も、
       縁日を歩いている時でした。」

ぐっちょん 「その時たべたイカ焼きはおいしかったですか?」
神野さん  「実はその時イカ焼きは売ってなくて、
       食べれなかったんです・・・。」

なんと、この「イカ焼き」という作品の背景には
「縁日で大好きなイカ焼きを食べられなかった」
という“食べ物の恨み”がこめられていた!

この作品は
神野さんの「欲望」を描いた作品だった!

神野さんは、こう見えて「根に持つタイプ」なのかもしれない・・・

まとめ

ぐっちょん 「最後にひと言お願いします。」
神野さん  「この顔ハメ看板は、焼かれているイカ焼きなので
       焼かれている表情をして写真を撮って欲しいですね。
       ちょっと運動して、顔を真赤にしてから撮るのがベストです。」

というわけで、今回はここまで!
インタビューは後半へ続きます!

次回予告

後半は神野さんにひけをとらない、もっと個性的な2人が登場!
「丸山 優斗さん」「松浦 舞さん」のインタビューをお届けします。

彼らはどんな作品をどんな思いで作ったのか?
ご期待ください!

【お得な情報】真ん中のポスターに注目!

12月23日からの名古屋テレビ塔で開催の「顔ハメ展」!
JR名古屋駅の中央改札付近に、12月18日~12月24日までの期間
こんな「顔ハメ展」のポスターが貼られている。

しかし描かれているのは、なぜか動物の顔だけ・・・

実はこのポスターには秘密があるのです!
みんな大好きなアプリSNOWの“顔交換機能”を使うと・・・

こんなインスタ映えする写真が撮れるのだ!
公開の際は『♯顔ハメ展』を忘れずにな!

というわけで、「顔ハメ展」プチ情報でした!
また次回会いましょう!アデュー!!

ぐっちょん

ライター、TVディレクター、クリエイターと数々の顔を持つマルチな男。「おもしろければいいじゃん!」をモットーに、日々ものづくりに励む。
主に「体験」できる参加型のイベントを独自の目線で切り込む!アイドル・アニメ・映画・特撮・コスプレ・プロレスのヲタ。

EVENT DATA

顔ハメ展

期 間 12/23(土)~3/11(日)
10時~21時(2017年内は22時まで営業)
場 所 名古屋テレビ塔
(愛知県名古屋市中区錦3丁目6−15 先)
金 額 通常500円 小中学生300円 
小学生未満は無料

オススメイベント