ゴジラ展 名古屋市博物館に激レア資料やゴジラスーツが上陸!

http://www.museum.city.nagoya.jp/godzilla/index.html

ゴジラ展 名古屋市博物館に激レア資料やゴジラスーツが上陸!

60年をこえる人気シリーズ特撮怪獣映画「ゴジラ」。
その誕生から現在まで、長きにわたって生み出されてきた特撮の造形やデザイン、映画をもとに生み出された作品など約680点の貴重な映像資料などが展示された「ゴジラ展」が、
7月15日(土)から9月3日(日)まで、名古屋市博物館にて開催中です。

ゴジラ展
TM&©TOHO CO., LTD.

展示構成は、1954年のシリーズ第一作から、2016年の最新作「シン・ゴジラ」までを4章に立てで紹介。

Ⅰゴジラの誕生

ゴジラ展
TM&©TOHO CO., LTD.

ここではゴジラのアイディアの基になった雑誌や辞典など紹介されています。

Ⅱこれがゴジラ映画の「ものづくり」だ〜『東京SOS』の特撮美術・デザイン・造形

ここではゴジラを倒すために使用した劇中に登場する「オキシジェン・デストロイヤー」、セット図面ほか、歴代のゴジラと全作品のポスターなども展示。

ゴジラ展
TM&©TOHO CO., LTD.

ゴジラ展
TM&©TOHO CO., LTD.

ゴジラ展
TM&©TOHO CO., LTD.

Ⅲ昭和〜平和〜ミレニアムの特美・デザイン・造形

ゴジラ展
TM&©TOHO CO., LTD.

Ⅳゴジラ、スクリーンの外へ〜ヴィジョンの広がり

ゴジラ展
TM&©TOHO CO., LTD.

ゴジラ展
TM&©TOHO CO., LTD.

特に、実際に撮影で使われたゴジラスーツ、モスラ、キングギドラ、メカゴジラなどの立体造形はファンには感涙もの!

ゴジラ展
TM&©TOHO CO., LTD.

会場内には、2007年公開の映画「ゴジラ×メカゴジラ」で使用したゴジラスーツと撮影できるフォトスポットもあります。さらに…?

ゴジラ展
TM&©TOHO CO., LTD.

アナタも巨大怪獣に!?ゴジラと一緒に撮影!

合成技術でゴジラと同じ大きさに!

「特撮体験スタジオ」では、特撮技術を使って名古屋城を背景にゴジラと同じ画面に立つことができます。
自分自身が巨大怪獣になりゴジラと戦うことが出来るんです!

ゴジラ展
TM&©TOHO CO., LTD.

このようにモニターの写真を撮影していただけます。

ゴジラ展
TM&©TOHO CO., LTD.

会場の外入口には、「シン・ゴジラ」などを手がけた三宅敏夫さん監修の「特撮フォトスポット」が設置されています。

ゴジラ展
TM&©TOHO CO., LTD.

こちらでも自分が怪獣になったつもりで撮影してみてね。

ゴジラファンはもちろん、ゴジラに限らず特撮が好きな方、映画が好きな方、物作りという観点でもとても楽しめる展示会です。

また、8月12日(土)・8月24日(木)には、特撮ワークショップ「綿で雲を作ってみよう」が開催されます。
夏休みにお子さんとお出かけされてみてはいかがでしょうか?

ゴジラ展チケットをプレゼント!

今回映画fulldaysでは「ゴジラ展」開催を記念して、ゴジラ展入場チケットを3組6名様にプレゼントしちゃいます!

応募方法はTwitterで!

応募の方法は[T3V]の公式Twitterをフォローして(公式アカウントはここをクリック)

そしてアナタのTwitterでハッシュタグ
#T3V
#映画fulldays
#ゴジラ行きたい

でツイートしてね!

この夏、ゴジラの魅力をたっぷり堪能してみてください!

【イベント情報】
1.2017年7月15日(土)~9月3日(日)
休館日毎週月曜日(祝日に当たるときはその直後の平日)・毎月第四火曜日(祝日を除く)
2.開館時間 9:30~17:00(入場は16:30まで)
3.会場 名古屋市博物館 特別展示室・部門展示室
4.協力 東宝 東宝映像美術 TOHOマーケティング
5.名古屋市博物館開館40周年記念オフィシャルサポーター 東海学園大学
6.協賛 名古屋東急会
7.企画協力 北海道立近代美術館 北海道新聞
8.展示協力 三池敏夫「特撮研究所」酒井ゆうじ「(有)ゆうじ造形工房」 9.観覧料 一般1,300円(1.100)高大生900円(700)小中学生500円(300円) ※()内は前売りおよび20名以上の団体料金
※名古屋市交通局の一日乗車券・ドニチエコ切符を利用してご来館の方は100円割引
※身体等に障害がある方、または難病患者の方は、手帳または受給者証のご提示により、本人と介護者2名まで当日料金の半額となります。

映画パーソナリティ  松岡ひとみ

愛知県 名古屋市中区今池育ち。
子役モデル、TV&ラジオレポーターを経て、1998年から映画パーソナリティとして活動開始。

TV・ラジオでは映画コメンテーター、新聞&雑誌では独自の視点で映画紹介を寄稿するなど、各方面で活動中。
新作映画の舞台挨拶・記者会見の司会など、東海地区を中心とした映画イベントシーンにおいて欠かせない存在で通称「映画のお姉さん」と呼ばれている。
映画監督との交流も多く、各映画祭にも出没。

経験としては〜
*年間映画鑑賞450本
*舞台挨拶司会1,000本以上
*インタビュー経験5,000人以上

【TV】
中京テレビ「キャッチ!」「シネマバー」の映画インタビュー担当。
三重テレビ「シネマクルーズ」毎週金曜日17:15~
中京テレビ「ラッキーブランチ!」「4U」
中部地区ケーブルテレビ「見どころガイド 映画コメンテーター

【インターネット】
YouTube番組 「松岡ひとみの映画FULLDAYS」

【雑誌 & web】
映画フリーペーパーCC「ひとみのヒット♥ME」
高校生フリーペーパー「chFILES」美味しい映画
松岡ひとみのシネマレポート」連載中
中日新聞女性向けサイト「オピ・リーナ」映画コーナー

【映画出演】
本広克行監督「亜人」「連合戦隊司令官山本五十六」他

【映画祭 司会&PR】
東京国際映画祭、アーラ映画祭、知多半島映画祭、国際デジタルアニメーション映画祭、*ええじゃないかとよはし映画祭さかえ映画祭、ショートストーリー名古屋 など多数

【ラジオ】
東海ラジオ「タクマ神野のど〜ゆ〜ふ〜!」(木)映画コーナー
東海ラジオ「ヨヂカラ!」松岡ひとみのシネマフラッシュ(木)
CBCラジオ「加藤千佳の大人の時間」不定期(土)
MD-FM ミッドフィーリングタイム最新シネマプレビュー(月)など

EVENT DATA

ゴジラ展

期 間 2017年7月15日(土)~9月3日(日)
場 所 名古屋市博物館
(名古屋市瑞穂区瑞穂通1-27-1)
金 額 一般1,300(1,100)円
高/大生900(700)円
小/中生500(300)円
※( )内は前売りおよび20名以上の団体料金。

オススメイベント