イベントチケット

人とくるまのテクノロジー展 トヨタ車体ブース紹介



カーボンニュートラル実現に貢献する超小型BEVコムス、植物材料を用いた製品、燃料電池流路部品の加工技術を紹介します。

ソース

もっと見せて!

Related Articles

3 Comments

  1. 2030年プロジェクト頑張って下さい。
    2050年計画ではCO2はゼロ。

    2030年ではCO2排気を45%にする。
    2050年ではCO2排気を0%にする。
    ガソリンエンジンが公道では走れない時代、法律が出来ます。
    日本の車が世界から大バッシングを受ける日がもうすぐ来ます。
    水素燃料も水素を取り続けたら雨が振らず砂漠が進むから絶対だめ。雨が酸性になり、雨水は有害物質えと変わるでしょうそうなると
    水戦争に日本も巻き込まれます。
    今、雨が振らず水にひっ迫している国はアメリカ、ヨーロッパ、インド、などなど出始めています。そして、気温上昇のCO2の砂漠化。

    日本は唯一世界に対抗できるのは電気です!!
    ではなぜ人気も無い電気自動車(EV車両)を作り続けるのか
    簡単です。
    CO2排気ガス規制が更に厳しくなるからです。
    今は2022年ガソリン、ディーゼルエンジンは乗れますが2030年、約8年後には45%CO2削減と言うことは今のうちCO2は0%を作らないと今の車が乗れなくなるからです。

    水素燃料は環境悪化の原因。
    CO2は環境破壊の原因。

    では8年後はレシプロやロータリーの車は乗れないのか?そうではありません。今はバイオマス燃料が開発されて乗れるけど燃料が高くなるだけで決して乗れない訳でないけど…
    原付きが異様に維持費が安いの、軽自動車の方がコストは安くしているのに何故か?

    それは快適性と航続距離が著しく落ちるから。と言う理由で今の今まで何の対策、燃費を考えずに乗り続けたけっかどうなるか。…
    まっ!今の生きている僕たちには関係ない未来の話しだけどね

  2. スイングカバー、デッキカバーとか、コムスのオプションに、ありますか?

  3. 先日COMS注文させてただきました。スイングカバー、ぜひ市販していただきたいです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button