イベントチケット

【本日開催】約30社が一堂に会するアンティーク時計の販売イベントが3年ぶりに銀座で開催!|アンティーク時計フェア in 銀座 – Watch LIFE NEWS|ウオッチライフを楽しむ時計総合ニュースサイト

日本で唯一定期刊行されるアンティークウオッチの専門誌「LowBEAT(ロービート)」主催のイベント“アンティーク時計フェア in 銀座”が、本日6日(土)と7日(日)の2日間、銀座フェニックスプラザ2Fにて3年振りに開催される。

当イベントは、全国各地のアンティーク時計ショップならびに時計ディーラーなど約30社が参加。ロレックスやオメガなど海外ブランドからセイコーなどの国内ブランドまで、主に1930〜70年代に製造されたアンティークウオッチが一箇所で見られ、しかも展示だけでなく購入もできるという、まさにアンティークウオッチの愛好家にとってはたまらない内容となっている。

アンティークのロレックスやオメガなど人気海外ブランドはもちろん、セイコーなどの国内ブランドも多数販売される

 ただ今回は、コロナウイルスの感染対策として、入場時間ごとに人数制限を設けるために、電子チケットを導入。事前に希望する時間帯のチケットを購入すると、その時間に優先入場できるという仕組みとなっている。なお、当日券も販売されるが、混雑する時間帯は、当日券の販売を見合わせる場合もあるため事前に電子チケットを購入してほしいとのことだ。

すでに6日(土)の優先入場電子チケットは、6000円のアーリーチケットも含めてすべて完売。ただし、7日(土)は時間帯によってはまだ購入可能ということなので気になる人は早めにチェックを。

一般に先駆けて2日間だけ販売される新刊の「国産腕時計大全(写真中段左)」やアウトラインの商品もこの2日間は50〜20%OFFの特別価格に。会場入り口のためチケットがなくても購入可能

 なお、同時に会場では絶版になったLow BEATのバックナンバーや貴重なスペシャルBOOKの先行発売などアンティーク時計に関連する時計専門書の販売に加えて、Low BEATの編集長がプロデュースする時計ブランド“アウトライン”の時計も50〜20%OFFという2日間だけの特別プライスに。こちらは会場入り口に設置しているためチケットが無くても購入可能だ。ぜひこちらもお見逃しなく!

詳細はコチラ

■「LowBEAT アンティーク時計フェアin 銀座」開催概要
日程 :2022 年8月6日(土)・7日(日)
時間 :6日(土) 10:00 〜 17:00 (10〜12時の入場には6000円のアーリータイムチケットが必要)※こちらのチケットはすべて完売しました
7日(日) 10:00 〜 16:00 (14 時より無料開放、ただし電子チケット申し込み者のみ)
会場 :銀座フェニックスホール
〒104-8139 東京都中央区銀座3-9-11 東京メトロ銀座線、丸ノ内線、日比谷線「銀座駅」より徒歩2分
主催 :LowBEAT アンティーク時計フェア in 銀座 実行委員会

【写真】前回のイベントの様子を写真でチェック!

文◎Watch LIFE NEWS編集部

クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button