イベントチケット

日本科学未来館 6月毎週末に展示ロボット体験・トークイベントを開催 特別展「きみとロボット ニンゲンッテ、ナンダ?」 – ロボスタ

日本科学未来館は開催中の特別展「きみとロボット ニンゲンッテ、ナンダ?」に来場した人を対象に展示ロボットの操作体験やロボットを動かすプログラミング体験、監修者によるトークイベントなど、さまざまな体験イベントを6月の毎週末に開催することを発表した。
全ての体験プログラムおよび監修者トークセッションは参加費無料。ただし、体験プログラムは特別展チケット(過去の購入履歴や半券なども可)の提示が必要。体験プログラムは事前予約不要、当日会場にて整理券を配布する。

1.脳波でストリートビューを散策しよう!

ヘッドホン型脳波計を装着して「まっすぐ進みたい」「左に曲がりたい」などイメージするだけで、モニター上のGoogleストリートビューの中を自分が進みたい方向へ移動することができるかも!?

展示名 BMIでLookAround(ビーエムアイでルックアラウンド)
開発元 慶応義塾大学理工学部 牛場潤一研究室
実施日 6月4日(土)、5日(日)、11日(土)、12日(日)、25日(土)、26日(日) 
2.あたらしいモビリティ型“乗れるロボット”RODEMに乗ってみよう!

ただの車いすではない、ユニバーサルデザインの”乗れるロボット”。特設エリア内に設置されたコースで、乗車・操縦・走行体験ができる。

展示名 RODEM(ロデム)
開発元 テムザック
実施日 6月4日(土)

3.人の言葉を話せないロボットと“しりとり”はできるか?

開発元研究室の解説員と一緒に、人の言葉を話せないロボットとのコミュニケーションにチャレンジする。

展示名 非自然言語ロボット
開発元 日本大学文理学部次世代社会研究センター
実施日 6月4日(土)、11日(土)、25日(土)

4.人型ロボット EVAL-03でミラーリング体験!

ロボットが自分と同じ動きをするミラーリング機能を体験。腕など上半身の動きに加えて、片足で立つなど最新のバランス感覚も見どころ。

展示名 EVAL-03(イーブイエーエル-03)
開発元 ソニー・インタラクティブエンタテインメント
実施日 6月5日(日)、26日(日) 

5.非自然言語ロボットワークショップ 「好き」という感情について考えよう!

「好き」や「嫌い」といった感情はなぜあるのか。その感情は何をきっかけに生まれるのか、ロボットと触れ合いながらワークショップ形式で考える。

展示名 非自然言語ロボット
開発元 日本大学文理学部次世代社会研究センター
実施日 6月5日(日) 

6.クルマ?それともロボット? RunRu(ルンル)に乗ってみよう!  

自由気ままな自動運転ロボットRunRuやRunRu for Kidsに乗ることができ る。

展示名 RunRu(ルンル)
開発元 豊橋技術科学大学ICD-LAB
実施日 6月11日(土)

7.漱石アンドロイドによる「朗読会」

文豪 夏目漱石のアンドロイドが漱石作品の朗読を披露する。

展示名 漱石アンドロイド
開発元 二松学舎大学大学院文学研究科、大阪大学大学院基礎工学研究科
実施日 6月12日(日)、18日(土)、19日(日)

8.最新ハプティック技術ウェアで仮想空間を体感!

衣服全体にバイブレーターを装着したウェアラブルデバイスを着て、ウェアの触覚体験と音楽によって体を動かすVRゲームを体験できる。

※写真はイメージ(VRゴーグルを装着しない体験となる)

展示名 Synesthesia Wear(シナスタジアウェア)
開発元 慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科 Embodied Media Project、帝人
実施日 6月12日(日) 

9.電動車いす型スポーツアイテム乗車体験 きみは”ドリフト”を習得できるか!?

電動アシスト全方向車椅子を用いて、ドリフト走行などのテクニックで競い合う車椅子。特設走行コースで乗車体験が可能。

展示名 Sli-de-Rift “RAY”(スライドリフト “レイ”)
開発元 AXEREAL、スライドリフト開発チーム、慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科 Embodied Media Project
実施日 6月12日(日)

10.監修者トークセッション 「きみロボ展最後の企画会議」  ※事前申込制

同展の監修を務めている5名の研究者を招き、“最後の企画会議”と称したトークセッションを開催する。

Day1 「議題1:“ニンゲンッテ、ナンダ?”ってなんだ?」
1日目の企画会議では特別展のメッセージである「ニンゲンッテ、ナンダ?」という問いに込めた思いを深掘りする。ロボットは心を持ちうるか?ロボットやAIを利用して“復活”した人間に命はあるか?「心」と「命」をキーワードにロボットを通して人間を見つめ直し、今後変わるかもしれない「人間とは何か?」について考える。

実施日時 6月18日(土) 13:30~14:30
登壇監修者 浅田 稔 氏、江間 有沙 氏、長井 志江 氏
ファシリテーション 園山 由希江 氏(科学コミュニケーター)

Day2 「議題2:“ニンゲンッテ、ナンダ?”のヒントはSFにある!?」
人間は何千年もの昔から、分身のような存在をつくりたい、現実を遥かに超えた世界を見てみたいと物語を描いてきた。その中には現実とは違った人間像や価値観、社会のルールなどが存在する。2日目の企画会議ではそういったSF作品などの物語や人間の想像力から「ニンゲンッテ、ナンダ?」を考えるヒントを参加者と探す。

実施日時 6月19日(日) 13:30~14:30
登壇監修者 浅田 稔 氏、大澤 博隆 氏、佐倉 統 氏
ファシリテーション 宮田 龍 氏(科学コミュニケーター)

11.ロボットアームを装着!もしも腕が増えたら、きみならどうする?

装着した2本のロボットアームを自分の両足を使って操作する。4本の腕で身体感覚の拡張を体験できる。

展示名 MetaLimbs(メタリム)
開発元 JST ERATO 稲見自在化身体プロジェクト(東京大学 先端科学技術研究センター)、慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科 Embodied Media Project
実施日 6月25日(土)

12.装着型サイボーグHALで、身体機能の補助・拡張を体験!

軽量・コンパクトなHALを装着して、自然なアシストや機能向上を促す新プログラムを体験できる。

展示名 装着型サイボーグHAL(腰タイプ)
開発元 CYBERDYNE
実施日 6月25日(土)

13.その場にいるような感覚は得られる?

360度カメラとマイク、スピーカーを装着した人の情報を遠くにいる人に転送するシステム「T-Leap」でイベント会場と少し離れた場所をつなぐ。T-Leapを装着している人の情報はしっかりと届くのか、その場にいるように感じられるのか?

展示名 T-Leap(ティー-リープ)
開発元 JST ERATO 稲見自在化身体プロジェクト(東京大学 先端科学技術研究センター)
実施日 6月25日(土)

14.aibo ビジュアルプログラミング体験

aibo専用のプログラミングツールでaiboオリジナルの動きを作る体験ができる。

展示名 aibo(アイボ)
開発元 ソニーグループ
実施予定 6月26日(日)

イベント参加案内

1.全ての体験プログラムおよび監修者トークセッションは参加費無料。ただし、体験プログラムは、本展チケット(過去の購入履歴や半券なども可)の提示が必要。
※展示会場で開催するイベント参加には当日入場可能なチケットが必要です。詳細は本展公式サイトでご確認ください。
2.監修者トークセッション(6/18、6/19開催)は事前申込制。
3.体験プログラムは事前予約不要、当日会場にて整理券を配布する。整理券に記載の内容にしたがって参加ください。
※混雑時は早めに整理券の配布が終了する場合があります。あらかじめご了承ください。
4.実施日・内容は変更になる場合がある。詳しい開催情報や整理券情報、注意事項(対象年齢・制限体重/身長など)は、本展公式サイトに順次掲載予定。
<ご来館の際は、COVID-19対策のため、検温・消毒・マスク着用をお願いしています>


クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button