イベントチケット

自動運転のミライはそこまで来ている!? #トヨタミライ #アドバンスドドライブ(高度運転支援)【新型・試乗】TOYOTA MIRAI Advanced Drive



高度運転支援システム、アドバンスドドライブを搭載したトヨタミライ。レクサスLS500ハイブリッドにも同じシステムが採用され、ともに話題になっているが、実際どのような運転支援をしてくれるのか。高速道路を中心に、そのシステムを試し、ふたりのエンジニアに、最新システムの全貌をインタビューした。

取材協力/トヨタ
映像編集&映像編集/宮門秀行

#ミライ#アドバンスドドライブ#トヨタ

ソース

もっと見せて!

Related Articles

10 Comments

  1. ライダー、と説明する際の不安げな仕草が素人なのだと実感されて良いですね。
    自動車専門の稼業の方も追いつくのが大変ですね。

  2. 自動運転で高速道路安全に走れていいですね自動運転頑張ってほしいです

  3. 自動運転はやっぱり不安だな。
    よくできたACCで十分だと感じた。
    走行している大部分の車両が自動運転にならない限り個人では購入しないと思います。

  4. 『日本車自動駕駛基本條件』

    韌體自動更新:
    3D精細衛星導航地圖
    OTA韌體自動更新升級自動駕駛級數功能

    AI智慧學習:
    具備智慧、可靠、感知、互動、AI 學習等五項特點,系統能透過學習自主進化,協助車主做突發狀況處理。

    車輛具備功能:
    手完全離開方向盤及腳離開油門煞車
    自動變換車道
    自動超車
    自動上下閘道
    緊急靠邊自動停車

    (最早2019至今順序車名稱)
    NISSAN SKYLINE
    NISSAN PROPILOT 2.0系統

    SUBARU LEVORG
    SUBARU EYESIGHT X系統

    NISSAN ARIYA
    NISSAN PROPILOT 2.0系統

    HONDA LEGEND
    HONDA SENSING Elite系統

    LEXUS LS TOYOTA MIRAI
    LEXUS TEAMMATE ADVANCED DRIVE系統
    TOYOTA TEAMMATE
    ADVANCED DRIVE系統

    HONDA SUV e
    HONDA SENSING Elite系統

  5. レベル2というより高度なACCの印象だ。だから、レベル2と言えなかったのが正直なところだろう。車線変更がハンズフリーでないところが物語っている。
    アップデートもどこまでできるか不透明だ。

  6. ソフトウェアの重要性は、アメリカのペンタゴンでさえ1990年には理解していた事です。
    ペンタゴンの湾岸戦争当時の CIO Paul Strassmann は、湾岸戦争で学んだ事は "The best software will win the war" とスティーブ・ジョブズとの会話で語っています。
    トヨタは30年遅れで、ソフトウェアの重要性を認識し始めたのですね。

  7. いつも頑固一徹学校を観ているので、その延長線上で、と言うか予習&復習が出来るのでより理解する事が出来ますね。動画だと、より細かなニュアンスも伝わってくるので、やっぱり活字より良い(笑)

  8. もうすぐ出るであろう日産アリアのプロパイロットもさらに進化してくると期待しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button