最新の国際ニュース

速報!ニュース解説 第3波到来か? 新規陽性者数、過去最多更新!?



解説:松田政策研究所 代表 松田学

松田学公式ホームページ

松田政策研究所FB

無料メルマガはこちら*バックナンバーあり

#第3波 #新規陽性者数 #自粛

ソース

もっと見せて!

Related Articles

35 Comments

  1. いつまでCt値設定の突飛なPCR検査を盲信するのか? 日本人特有の“無謬主義”が却って弊害になっている観がある。最初にマスメディアが植え付けた精神的な恐怖はなかなか抜けるものではない。洗脳された善良な国民をどうすれば目覚めさせることができるか? 日本政府、専門家会議、関係閣僚・官僚の方々、そろそろ腹くくって責任を取るべきでは?

  2. コロナ禍をマスコミが虚実報道により煽り、政府が後追いするかのように後手後手の政策によってその虚実を承認し、真実味のあるものとしてしまっている。コロナウィルスには早く皆が感染し、抗体を持ち、免疫力のある者のみが生き残り、子孫を残していくべきなのである。今のこの経済活動の停止政策は一億総共倒れ、弱い者にも強い者にも死を平等に約すものとなっている。安倍首相もそうだったが、菅首相も政治家としての決断、政治家としての言葉を持っていない。医療界のヒステリックな近視眼的な発言に耳を傾けるのではなく、一国の宰相として日本国のかじ取りをしっかりすべきなのに一向にそうした気概も言葉も彼らからは聞かれない。要は簡単である。トランプ大統領やボアソナロ大統領がコロナなどはただの風邪と言い放ち、実際に回復し、経済活動を維持しようとしたその態度が必要なのである。こんな腰抜けを国のトップに据えている今の日本国民は実に不幸である。安倍首相と菅首相はコロナ禍の中で悲観し自殺していった人々、これから自殺するであろう大勢の人々の血に対して責任がある。なぜこの真理が彼等には見えないのか、嘆かわしいばかりである。

  3. 上久保教授は雲隠れしましたね!

    やっと、自分の以下の主張が間違いであることを自覚されたのでしょう。
    ①日本も欧米も既に集団免疫を獲得しており、その免疫を維持するためにウィルスに暴露しなければならない。
    ②マスクの効果は期待できない。

    松田政策研究所も上久保教授を担ぐのは止めた方が良いですよ。
    ダメージが大きくなりますよ!

    (追記)
    何故に上久保教授は誤認されたのか?私なりに以下ではないかと推察しました。
    感染にはボーダーラインがあると言うことです。ウイルスが微少でも体内に入れば感染するのではなく、感染するためにはある程度まとまった量のウィルスが必要だと言うことです。
    これに関しては、京大のにゃんこ先生の理論が正解だと思います。にゃんこ先生の1/100作戦で説明できますよ!

  4. 第二波否定してたのに、第三波の話してる。3ヶ月前は勢い良かったのに、負け惜しみ

  5. pcrのct値が高過ぎる点を専門家を呼んで扱ってほしい。この点の議論が広まると、過剰な騒ぎを抑える可能性高い

  6. 気が緩んだとか引き締まったとかそういう非科学的な理論が蔓延ってますね。
    周期的にピーク、ピークアウトが来るのは新しい型の免疫獲得のピークによる収束なのでは?と思っています。
    インフルエンザの予防接種と同じでコロナは通年流行るので定期的に感染したほうがいいのでは。

  7. 私の周りでもそうですが「このチャンネル見て」と言うと「難しそうだから」と言ってみてくれない人が残念ながら多いです(泣)頭の良い専門家の説明を聞きたがる方は少数です。そこでアニメ化(マンガ化)などして誰でも気軽に観れるようにして上久保先生の説明を広めて欲しいです

  8. やっぱり、上久保先生の言った通りだと思いました。その正しいデータが、政府に伝わっていたのに??
    マスコミ、テレビ界は、また、国民を煽り、視聴率稼ぎ!! 松田さん、国民のために頑張ってください。
    いつもありがとうございます。

  9. 松田さん!
    これからもっと乾燥と寒さが厳しくなる北海道にマスクもせずに一度いらしてみて下さい。
    そして札幌が置かれている現状をその目で身体で感じて、それでも新型コロナに対して生ぬるい事を宣う事が出来ますでしょうかね????

  10. この方は重大な事を分かっていない、日々の重症者数は「総合計数」が発表されている、しかし医療の現場は目まぐるしく動いており、最近は重症者が回復して中等症病棟に移る方も多い、つまり日々重症化する方と回復される方が入れ替わっているので、現在(11月末)では1日での重症者患者の発生数は100人を超えている、軽症者が急激に重症化する例も有るのであまり楽観的な事を民衆に伝えるべきでは無い。

  11. 冬風邪ウイルスの10〜30%はコロナウイルス♪
    旧コロが4種類、新コロで1種類増えただけw

  12. 今の状況も煽りなのでしょうか?重症者数、死亡者数は・・・・・

  13. 風邪の症状イコール、コロナ感染者なのですか?そのあたりの情報が全く報じられない、これじゃ一生風邪引けませんね

  14. 三波も何も、風邪なんだから終わりなんかなかろう。

  15. 松田先生、いつも有難うございます。
    毎回見させていただいています。
    感謝です

  16. 風邪では、騒がないのにコロナは目の敵にしている、テレビで煽ってPCR検査にいき陽性になったら感染と騒ぐ、感染とは医師がいろんな検査して決める、テレビで感染おかしい、私は高齢者ですが普通に生活gotuも行きました、自粛してストレスで免疫力の低下するだけ、そして経済が駄目になり国民不幸になります、経済効果PCR検査もうかるやろな。テレビは煽りまくりNHK受信料あほらしい払いたくない、上久保先生が正論です、有難うございます。

  17. 上久保先生は、11月には収束すると言ってます。12月には終息すると言っていたな。 終息するんだよな。重症者数も最多になったな。スエーデンではおさまったか? 上久保は、集団免疫を示す感染データをだせていないだろ。数十パーセントの感染率を示すべきだ。

  18. ゴーマニズム宣言『コロナ論』~メディアが報じない不都合な真実~が10月に出版されていました。難しい専門用語(集団免疫など)やPCR検査を感染の陽性陰性に使用することのおかしさ等、わかりやすい描写のため(漫画)素人でも理解できました。また、コロナ騒動の一連の流れが時系列で記録されているので、テレビご出演の専門家やコメンテーターたちによるインフォデミック、経済の衰退の描写、目で見るとより理解できます。このままでは日本は本当に大変なことになりそうです。我慢の3連休、時短営業、GO TO見直し、再度の自粛。。。みんなで平和ボケしていては日本の経済が本当に死んでしまう。

    文化を楽しめるのは人間だけだと。その文化が衰退していくなら人間は動物と同じとの描写にも考えさせられました。

  19. コロナウイルスから逃げることは不可能です。いくら逃げても逃げきれない。
    だから我々はウイルスと共存すべき。
    ウイルスとの共存は人類の宿命
    コロナから逃げることばかりで、貴重な人生の時間や機会をこれ以上失うのが正しい生き方とは思わない。

  20. 過去の風邪と比べればいいと思いますね、比べたら、何かまずい事があるのかな?

  21. 今こそ上久保教授にご指導していただけばいいのでは?
    第2波すら来ないと言い放ってたんだからキッチリ現状を総括して貰わないと先に進めませんよ

  22. 何を根拠にgo-tuトラベルで感染した人が132人だけ何て言えるんだろ⁉️経路不明が山ほどいるのに!信じ難い😵

  23. 新型コロナの死者数よりも、もっと自殺者のほうが多いそうです。経済がこれ以上衰退しないことを祈ります

  24. 免疫がある事はなんとなく理解出来ますが、ウィルス伝播が多いとウィルスが進化して、強毒性にならないのかが心配だ!

  25. 皆さん厚生労働省のホームページに当月のコロナ累計死者数が
    毎日掲示されてます。
    松田先生は16日の死者数が、2名とおっしゃいましたがこの日は11月の死者数の23日迄の最低の日です。
    10月の死者数は191名でした。 11月は10月に比べ1日少ないですが、おそらく290~300名に増加すると思われます(10月比160%位)
    ちなみに23日迄で、すでに226名です。
    ぜひ皆んなで日々の死者数をチェックしてゆきましょう。
    12月までの終息宣言は一連の動画で確認しておりますが
    来年の春くらいまでは期待して見守りましょう!

  26. ◆中華コロナの今後の推移を予見するかのような情報がありました。

    2009年の新型インフルエンザでの出来事だそうですが、まずウイルスが5月にやってきて、拡大が始まり、一旦は落ち着いたものの、6月中旬頃から再び増加開始。 沖縄が初めで、その後、日本各地で夏場に急増したそうです。

    夏場の急増は、今回の中華ウイルスの増減と似ているようです。

    そして、その後も増加が続き、10月下旬から新しいワクチンの投与開始。

    11月下旬頃に感染拡大のピークとなり、その後減少し、翌年初めの頃に減少し、騒動はほほ終了。

    ワクチンも手伝って、集団免疫の効果が生じたのかもしれません。

    そして、新型インフルエンザの2年目以後は、それ以前のインフルエンザと同様に冬場に感染拡大するようになったそうです。新型登場の1年目というのは、季節とはあまり関係なく感染拡大するようです。

    中華コロナも、1年目は季節を問わずランダムに増減しているだけなのかもしれません。逆に考えると、季節を問わず、ランダムに増減しているときは、まだ集団免疫が出来ていないことを意味しているのかもしれません。もしもそうなら・・・ 4/7 の緊急事態宣言前の時点で、既に集団免疫が成立していたという上久保説は、やはりデマだったという結論になりそうですが?

    今回の中華ウイルス騒動は、まだワクチンがありませんが、2009年インフルと比較すると、現時点で感染開始からの期間が4ヶ月ほど長いですから、そろそろ自然の集団免疫成立に近づいてきてもよさそうですが? でも、インフルとコロナは別物ですから、どうなることやら・・・

  27. たしかに検査数を増やせば新規陽性者数も増えますね。

    具体的にちょっと調べてみました。日本で最初の陽性者が出たのが1/16なのでここを起点にし、11/20までの間で、仮に「緊急事態宣言」が解除された5/25を境にし、その前後を比較してみると、1/16~5/25までの間の新規陽性者数の合計は約16,700人。これに対して、5/26~11/20の新規陽性者数の合計は約110,000人、ということで、たしかに陽性者数は6.5倍くらいに増えています。

    一方、検査数も同様に同じ期間で比較してみると、1/16~5/25までの間に実施されたPCR検査数の総数は約25万件。これに対して5/26~11/20までの間に実施された検査数の総数は約275万件です。(いずれも東洋経済ONLINEのコロナ特設サイトから引用して計算した結果。端数は切捨て)

    つまり・・・5/25を境にしてその前後の期間を比較してみると、検査数は約11倍も増えているわけです。なので陽性者数が増えてくるのはあたりまえの話かと・・・

    いま第三波とざわついていますが、そもそも感染症というのは、こうした大小の波を、くり返し繰り返し発生させながら収束してゆくものですので、そういうことを国民に丁寧に伝えるべきですね、政府もメディアも・・・(当然この間に、有効なワクチンが投入されれば、波の回数やサイズが軽減されて、収束の時期早まることは皆さんご周知のとおりです)

    日本人はもっと冷静になるべきですし、政府やメディアは国民が冷静になれるような情報提供をするべきですね。まあメディアの場合それだと視聴率が稼げないので今後も国民をあおり続けるのでしょうけれど・・・

  28. 専門家じゃないから断定できないって? ちゃんと逃げ道作ってますね。

  29. YahooニュースのコメントとYouTubeで色々調べている人たちのコメントが本当に違いますね、これは地上波ばかりみている人たちは本当にコロナにたいして恐怖心が大きいです。私たちは自分で考えてよく調べて何が正しいか判断しないといけませんね。

  30. 海外とは状況は違うとは言え、医療従事者は年始からずっーとだから疲労困憊してるでしょうね。

  31. 再感染は問題ないのですね。免疫を継続していくためには、コロナに暴露し続ける必要があるとは、具体的には何度も感染しなさいということですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button